コロナ禍の影響で、あらゆる仕事やサービスがデジタル化される中、デジタル技術を活用したビジネスの大変革「デジタルトランスフォーメーション」(以下、DX)がマーケティングの世界で注目されています。DXがデジタル化で終わっていないか、DXをIT部門に丸投げしていないか、今後DXをどう取り入れるか――。こうした疑問の答えを、DXにおけるマーケティング目線の重要性を説いた日経BPの新刊本『マーケット視点のDX』から探ります。解説は、同書担当編集者の日経クロストレンド 小林直樹氏と日経クロストレンド編集長の吾妻拓氏。