注目特集・連載リスト

特集

全8回
アフターコロナ働き方&オフィス改革
なかなか進まなかった働き方改革が、新型コロナウイルス感染症によって一気に進展した。テレワークが当たり前になる時代のオフィスデザイン、そして働き方そのものが大きく変わるはずだ。さらに在宅勤務を前提にした働き方は、住宅のデザインにも影響を与えるだろう。果たして、何がどう変わるのか。すでに動き始めた企業などに取材した。
全5回
成功が客を呼ぶ カスタマーサクセス
サブスクリプション事業が広がる中、継続率やLTV(顧客生涯価値)を経営指標として重視する企業が増えている。その考えを研ぎ澄ました新ビジネス手法「カスタマーサクセス」が日本でも広がってきた。「NRR(ネット・レベニュー・リテンション)」などの指標を重視し、闇雲に新規顧客を獲得するのではなく、顧客の成功を引き出す。結果として、解約を防ぎ、顧客が顧客を呼ぶ成長につなげていく。サブスクモデルがBtoBのみならずBtoCにも広がる中、あらゆる企業が見逃せないビジネス戦略の新トレンドを追う。
全9回
withコロナ時代の「都市DX」
交通、医療、エネルギー、商業、行政、オフィスなど、あらゆる都市機能のDX(デジタルトランスフォーメーション)化を通じた新たなまちづくり、スマートシティ、スーパーシティの取り組みが世界で進行している。国内外の先行事例とキーパーソンのインタビューを基に、その実像を解き明かす。また、新型コロナウイルスの感染拡大による近未来都市の在り方の変化も追う。
予告
全5回
カインズのデジタル戦略と顧客体験
外出自粛の中、イエナカ環境充実の需要に応えるホームセンターが活況。その中で独自のデジタル戦略で進めているのがカインズだ。19年3月に高家正行氏が社長に就任。デジタル戦略のキーワードとして「ストレスフリー」「エモーショナル」「パーソナライズ」「コミュニティー」を掲げ、店舗とネットの連動や新たな顧客体験の提供などを推進している。デジタル戦略と新たな顧客体験の狙いを徹底取材で探る。 【2020.09.23開始予定】
予告
全5回
カインズのデジタル戦略と顧客体験
外出自粛の中、イエナカ環境充実の需要に応えるホームセンターが活況。その中で独自のデジタル戦略で進めているのがカインズだ。19年3月に高家正行氏が社長に就任。デジタル戦略のキーワードとして「ストレスフリー」「エモーショナル」「パーソナライズ」「コミュニティー」を掲げ、店舗とネットの連動や新たな顧客体験の提供などを推進している。デジタル戦略と新たな顧客体験の狙いを徹底取材で探る。 【2020.09.23開始予定】
全4回
動きを予測するデータ活用最前線
ネット上の消費者行動をデータ分析する試みは既に多く見られます。リアルな状況でもデータを収集・分析し、人々の動きをいちはやく予測できれば、企業は将来、大きな収益が見込めます。そこで、位置情報や購買履歴、カメラやセンサーなどからのデータといった、リアルに活動する人々の動きをデータで分析し、人々の動きを予測し、提供する商品やサービスを“最適化”するような取り組みを、紹介していきます。
全6回
プロ仕事人が選ぶ ビジネスに効く本
お盆休みは仕事の小休止に最適な時期。アフターコロナ/withコロナ時代を迎え、ビジネスの前提も変わりつつある。こんな時だからこそ、名著とともに自分の仕事や生活を見直してみてはどうだろう。この特集では、今読むべきビジネス書や、プロマーケターがビジネスの現場で、あるいはこれまでの人生で役立った本を紹介する。
全9回
テレビCMの未来
2020年4月から「新視聴率」の提供がスタートし、従来の東名阪だけでなく、全国で個人視聴率およびタイムシフト視聴の分析が可能に。加えて、テレビCMの効果を見える化するサービスも登場し、テレビCMがデジタル広告に近づいている。それによってテレビCMはどう変わるのか? テレビCMの今とこれからを追う。

連載

全9回
リテールAI検定 試験対策講座
「リテールAI検定」試験対策の動画講座です。店舗内リコメンド、導線解析、棚割り改善など、リテール分野でどうAI活用を進めていけばよいかを学びます。検定を主催する一般社団法人リテールAI研究会が、検定の基礎部分の主要ポイントを動画で解説します。
川島蓉子「アパレルに未来はあるか」
ブルックス ブラザーズ、レナウン……名門アパレルブランドなど、国内外のアパレル企業が次々に破綻。これは時代とズレていることに気づきながら放置してきた“既存システム”の問題が、一気に現象化しただけではないか。長年ファッション業界を見てきたifs未来研究所所長の川島蓉子氏が斬り込む。
アプリが語る消費の真実
インターネットにアクセスする端末の主流がスマートフォンとなった今、最も有効なマーケティングツールはアプリだ。では、アプリをどう活用すれば効果が上がるのか、最新のアプリの動向はどうなっているのか。モバイルアプリ広告の効果測定プラットフォーム、AppsFlyer Japanのカントリーマネージャーである大坪直哉氏が、アプリマーケティングのノウハウを解説しながら、消費の実態を明らかにする。
全5回
マーケティングDXの落とし穴
DX(デジタルトランスフォーメーション)が新時代のビジネスを生み出すために必須になると言われている。マーケティング分野でもデータ分析やオンラインとオフラインの融合の取り組みを加速する企業は多いが、そこに落とし穴はないのか。デジタルマーケティングの専門家である垣内勇威氏が解説する。
現実的に考える新ブランディング論
マーケティングや経営戦略の要として用いられる「ブランディング」という言葉。しかしいったい何を目的に、どのような検討を行うことを指すのか、改めて問われると答えるのは難しい。様々な解釈があふれ、ブランディングはいつしか曖昧な概念になってしまった。もっと現実的にブランディングのそもそもの目的をフラットに考える、新しいブランディングのアプローチを、博報堂コンサルティング執行役員の楠本和矢氏がご紹介します。
注目のオンラインセミナーカレンダー
コロナ禍で急速にニーズが高まっているオンラインセミナー。会場まで足を運ばなくても受講できるオンラインセミナーは、“ニューノーマル”になりつつある。日経クロストレンドでは、今後開催するマーケティング・テクノロジー関連で注目したい国内・海外のオンラインセミナーを、カレンダー形式でまとめて定期的にお届けする。
全5回
世界一幸福な国に学ぶ「新・在宅勤務」
国連の幸福度ランキング3年連続1位の国、フィンランド。『フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか』の著者でフィンランド大使館に勤める堀内都喜子氏と共に、withコロナ時代の日本における在宅勤務と新しい働き方について考える。
「G-SHOCK」の生みの親
人の心を動かすモノを“創る人”たちは、そのとき何を考えて、どこまで先を見通していたのか。モノを創る奥底には何があるのか。才能なのか、コンプレックスなのか、あるいは……。生い立ち、なぜその職業を選んだのか、転機、哲学――。音楽、写真、広告、ファッションなど、様々な世界で時代を動かした伝説のクリエイターたちを丹念なインタビューで描く人物ルポルタージュ。今回は世界で累計1億個以上を売り上げたタフな腕時計、カシオ計算機「G-SHOCK」を生み出した技術者、伊部菊雄。

ピックアップ

仕事に使えるパワポまとめ「日経クロストレンド・スライド」
特集記事などのコンテンツを「パワポまとめ」としてパワーポイントのファイルで提供する「日経クロストレンド・スライド」。最先端のトレンドや事例をまとめたパワポ資料をダウンロード可能です。会議や情報共有など、仕事にご活用ください。