注目特集のお知らせ

いよいよ令和2年! 日経クロストレンドは1月もさまざまな特集を予定している。会計基準の変更により、大きな見直しを迫られる各社のマイル・ポイント戦略を分析する「2020年 ポイント・マイル大競争時代」。広がる位置情報を生かしたマーケティング手法の全容に迫る「位置情報マーケティング進化論」。さらに、世界的イベント「NRF2020」や「CES2020」の現地リポート。企業のイノベーションのカギを握る人材にフォーカスした「デザインシンカーを育成せよ」など、見逃せないテーマばかりだ。

全5回
キャッシュレス還元、マイナンバーポイント(マイナポイント)…国を挙げての還元策で、マーケティングになくてはならなくなったポイント制度。auが共通ポイントの1つであるPonta陣営への合流を決めるなど、業界も大きく動いている。そして、あまり知られていないが、多くの企業が避けて通れないのが、2021年からのポイントに関する会計ルールの変更。ポイントを取り巻く環境が激変するなか、マーケティングのカギを握るのは「使いやすいポイント」の構築だ。20年1月6日公開予定
  • KDDI・Ponta連合で勢力図に異変 ポイント新時代に突入
    第1回
    2020.01.06
    KDDI・Ponta連合で勢力図に異変 ポイント新時代に突入
    2020年、ポイントやマイルを取り巻く環境が激変し、各社は大胆な戦略変更へ打って出る。象徴的な“事件”は、KDDIが「au」ポイントプログラムを共通ポイント「Ponta」へと統合することだ。背景にあるのは、国際会計基準(IFRS)への対応だ。“ためる”から“使ってもらう”姿へUXを変革しつつ、キャッシュレス決済との融合も図る。勢力図が大きく書き換わりそうだ。
  • マーケ部門も戦略転換必至 ポイント事業に「新会計基準」の足音
    第2回
    2020.01.07
    マーケ部門も戦略転換必至 ポイント事業に「新会計基準」の足音
    年間1兆円以上が国内で流通するポイント・マイレージ。もはや通貨のような役割も一部担いつつあるこの世界の景色が、2021年4月に上場企業が導入を迫られる会計ルールの変更でがらりと変わる。マーケティング部門にとっても戦略の大胆な変更に迫られる重要な制度変更。財務上の負担を減らすために、いかに使ってもらいやすくするか各社は知恵を絞らなければならない。いったい今、何が起きているのか。
  • 国際線マイル交換件数が倍増 JAL流ロイヤルティー向上の心得
    第3回
    2020.01.08
    国際線マイル交換件数が倍増 JAL流ロイヤルティー向上の心得
    国際会計基準(IFRS)への準拠が義務化される2021年を待たずに、日本航空(JAL)は“使いやすさ”を掲げて利用者がマイルを消化しやすい環境作りに取り組んでいる。国際線と国内線のそれぞれで、従来のマイルの常識にとらわれない新しいアイデアのサービスを導入。マイルを消化しやすくすることで利用者の不満を解消し、ロイヤルティー向上に結びつけている。
  • ポイント残高1000億円超 先駆者クレディセゾンが打つ勝負手
    第4回
    2020.01.09
    ポイント残高1000億円超 先駆者クレディセゾンが打つ勝負手
    業界に先駆けて年会費無料のカードを発行し、2002年にはポイントの有効期限もなくしたセゾンカードが、ポイント事業の大胆な改革に乗り出している。独自サービスをいち早く打ち出し続け、クレジットカード業界のキープレーヤーであり続ける同社。ポイント事業でも会員の心をつかむ新手を次々と繰り出している。
  • Tポイント、PayPayとの微妙な距離 4大陣営の強みと弱み
    第5回
    2020.01.10
    Tポイント、PayPayとの微妙な距離 4大陣営の強みと弱み
    携帯キャリアとの関係を深め、キャッシュレス決済との連係を進めて使い勝手の向上を図る4大共通ポイント。これまでは分からなかった利用者の位置情報や決済情報も集約し、顧客に対する理解をより深めて新たな価値を付与しようともくろむ。新たな会計基準で起きる会計処理の煩雑化を回避できる点を踏まえると、手数料を払ってでも導入するメリットは増しつつある。
  • 全5回
    位置情報を生かしたマーケティング手法が新たな広がりを見せている。街の看板やデジタルサイネージといった既存の広告にも、スマートフォンの位置情報を生かし、実際に店舗へどう誘導できたのかという効果検証をするための手法が確立されつつある。スマートフォンのGPSやWi-Fi情報、AI分析、ビーコンから衛星写真分析まで、位置情報マーケティングの最前線をお伝えする。
  • ネット広告超える位置情報「ジオマ」の成果 ドコモが全方位展開
    第1回
    2020.01.14
    ネット広告超える位置情報「ジオマ」の成果 ドコモが全方位展開
    スマホの通信機能やセンサーを活用し、広告の効果検証、あるいは行動属性に基づいた広告配信に役立てる位置情報マーケティング(ジオマーケティング、ジオマ)が広がっている。特集の第1回は、米グーグルなど海外のネット広告大手にも対抗できる仕組みを目指すNTTドコモの取り組みを紹介する。
  • アサヒビール、「LINEビーコン×レシート応募」で登録数3倍に
    第2回
    2020.01.15
    アサヒビール、「LINEビーコン×レシート応募」で登録数3倍に
    位置情報マーケティング(ジオマーケティング、ジオマ)の最新事例を追う特集の第2回はアサヒビールだ。同社は2019年のキャンペーンで一部チェーン店の商品棚にビーコンを設置。キャンペーン情報などを配信した。ビーコンを設置した店からの登録数は非設置店の約3倍に達したという。
  • サンリオピューロランド、20万人を呼ぶ「Wi-Fiジオマ」の威力
    第3回
    2020.01.16
    サンリオピューロランド、20万人を呼ぶ「Wi-Fiジオマ」の威力
    公衆無線LAN(Wi-Fi)のアクセスポイントで捉えたユーザーの位置情報を活用し、来店数を検証する。そんなWi-Fiを活用したジオマ(位置情報マーケティング)が広がっている。年間来場者200万人超のサンリオピューロランドでは、Wi-Fiジオマ経由の来場者が10%に到達。着実な成果を出している。
  • Francfranc、Wi-Fiで来店計測 広告見ると来店率62%アップ
    第4回
    2020.01.17
    Francfranc、Wi-Fiで来店計測 広告見ると来店率62%アップ
    店舗を訪れる顧客は本当に広告を見て足を運んでいるのか――。家具・雑貨店を運営するFrancfranc(フランフラン、東京・渋谷)はWi-Fiによる位置情報でエリアを絞った広告を配信、その後の来店率を計測して広告の効果を検証した。その方法を取材した。
  • 衛星画像で売り上げ分析? 2020年に離陸する宇宙マーケティング
    第5回
    2020.01.20
    衛星画像で売り上げ分析? 2020年に離陸する宇宙マーケティング
    地球の周りには4000以上もの人工衛星が回っていると言われる。衛星が搭載するカメラやレーダーが地上に届ける情報の中には、民間利用を促すために無償で公開されているものがある。位置情報マーケティング(ジオマ)特集の第5回は、衛星データを使ったマーケティングや新サービスの可能性を追う。
  • 全4回
    流通、小売り関連の最新サービス、テクノロジーが集まる「NRF 2020 Retail's Big Show & Expo」。デジタルで変わるリテールの未来を、リテール分野で世界最大のイベントから読み解く。(写真/eStock Photo、アフロ)
  • ロレアルも参入 米国小売り、2020年はD2C一色に 
    第1回
    2020.01.20
    ロレアルも参入 米国小売り、2020年はD2C一色に 
    全米小売業協会(NRF)が主催する小売り分野の大型イベント「NRF 2020: Retail's Big Show & Expo」。2020年1月12~14日の会期中に100カ国以上から4万人が参加した。今年は、400人を超える講演者に「D2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)」の関係者が多く名を連ねているのが印象的だった。一方で大手企業は「パーソナライゼーション」や「体験」を重視する傾向が浮かび上がった。
  • 「D2C百貨店」って何? 米小売り、体験で顧客の心つかむ
    第2回
    2020.01.21
    「D2C百貨店」って何? 米小売り、体験で顧客の心つかむ
    「世界一面白いお店」を自称するニューヨーク発の「SHOWFIELDS」と、テキサス発の「Neighborhood Goods」――。D2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)型ビジネスモデルの次の一手と目される「D2C百貨店」を展開する2社のトップが大規模イベント「NRF 2020: Retail's Big Show & Expo」に集結した。この注目2社が展開する消費者の心を捉える巧みな戦略を、現地NYの店舗視察を交えて、解き明かしてみよう。
    • 第3回
    • 2020.01.22公開予定
    体験価値をどう高めるか 日本勢の挑戦
    全5回
    2020年1月5日から、米ラスベガスで開催される世界最大の家電・IT見本市「CES 2020」。毎年、近未来を占う重要な発表が相次ぐこの展示会に、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)やフードテック、エクスペリエンスデザイン(体験設計)の専門家が参加。キーパーソンが独自の視点で、CES 2020で見えたトレンドを分析する。(写真はCES 2019のもよう)
  • P&Gもデルタも「体験の変革」が焦点 電通・森氏のCES分析
    第1回
    2020.01.20
    P&Gもデルタも「体験の変革」が焦点 電通・森氏のCES分析
    米ラスベガスで開催された「CES 2020」から得られた知見を専門家がリポートする本特集。第1回は、電通で事業およびイノベーション支援を手がける森直樹氏による分析。同氏は「テクノロジーは人間に寄り添い、体験を変革する。“ピープル”に焦点が当たったCESだった」と総括する。そのワケとは?
  • 地図大手のMaaS戦略 屋内も網羅する「超ピンポイント・ナビ」へ
    第2回
    2020.01.21
    地図大手のMaaS戦略 屋内も網羅する「超ピンポイント・ナビ」へ
    「CES 2020」では、モビリティやスマートシティーに関する展示が多数見られた。その中で、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)の社会実装に取り組むMaaS Tech Japanの岡部亜門COOが注目したのが、世界的な地図データプラットフォーム“2強”の進化だ。近未来の移動サービスを実現する新コンセプトとは?
  • 全5回
    デザイン思考を経営に生かすには、一過性で取り組むのではなく、企業組織に根付かせる必要がある。そこで重要になるのが、デザイン思考を社内で率先して推進する「デザインシンカー」の育成だ。最近は「アート思考」も期待されており、単にデザイン思考のプロセスを学ぶだけでは不十分。クリエイティブの本質とは何かまでも理解しないと、本当のデザインシンカーにはなれない。社内にデザインシンカーが増えれば企業のDNAとして蓄積され、成長の原動力になるはずだ。
    • 第1回
    • 2020.01.27公開予定
    アクセンチュアが推進するアートのチカラ
    • 第2回
    • 2020.01.28公開予定
    東急不動産が挑戦する新しい人材採用とは
    • 第3回
    • 2020.01.29公開予定
    日立製作所流、デザインシンカー育成術
    • 第4回
    • 2020.01.30公開予定
    沖電気、イノベーションを大企業から起こす
    • 第5回
    • 2020.01.31公開予定
    TSテックが自動車シートの「意味」を変えた