日経クロストレンドの人気特集シリーズ「イノベー食」から生まれた、日本初のフードテック書籍『フードテック革命 世界700兆円の新産業「食」の進化と再定義』(日経BP)の販売が始まりました。新型コロナウイルス禍を経て、世界のフードビジネスはどう変わっていくのか、日本企業はどう戦うべきか。明日のアクションにつながるヒント満載です。

 2025年までに世界700兆円に達すると言われる超巨大市場「フードテック」――。

 あなたの食体験はテクノロジーによってどう変わり、どんなビジネスチャンスが生み出されていくのか。

 本書では、本物の肉のような「植物性代替肉」「培養肉」から、食領域のGAFAとも言われる「キッチンOS」、店舗を持たないレストラン「ゴーストキッチン」、Amazon Goに代表される「次世代コンビニ」まで。世界最先端のフードビジネスを知り尽くした著者(シグマクシス田中宏隆、岡田亜希子、瀬川明秀)と、監修者(スクラムベンチャーズ外村仁)が徹底解説します。

 また、世界では、食品メーカーから外食、小売り、家電、IT、不動産まで、あらゆる業界を巻き込み、「食×テクノロジー」を起点とした新ビジネスが勃興しています。この分野で、日本のプレーヤーが、再び輝きを取り戻すための秘策も網羅。グローバルの変化を深く理解しながら、日本の現状とよりよい食の近未来を考える、「次のアクション」につながるビジネスのヒントが満載の一冊です。

<本書のポイント>

●初公開!アフターコロナ時代の羅針盤「Food Innovation Map 2.0」
あなたの会社が目指すのはどこだ?
「生活者体験」「実現する技術/仕組み」「センシング技術/先端素材」の3つの階層で、食体験を豊かにするキーテクノロジー、新サービス、近未来キーワードを徹底網羅。
アフターコロナ時代を見据えたビジネス戦略のヒントが見つかる!

●業界を代表するキーパーソンが語る「食の未来」
・味の素 代表取締役社長 西井孝明氏、代表取締役副社長/CDO 福士博司氏、専務執行役員/CIO 児島宏之氏
・ロイヤルホールディングス 会長 菊地唯夫氏
・インポッシブルフーズ SVP International ニック・ハラ氏
・不二製油グループ本社 代表取締役社長 清水洋史氏
・ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス 代表取締役社長 藤田元宏氏
・予防医学研究者 石川善樹氏
・HAJIME オーナーシェフ 米田肇氏
・Mr.CHEESECAKE 田村浩二氏   (順不同)

【目次】
序章  フードテック革命に「日本不在」という現実
第1章 今、なぜ「フードテック」なのか
第2章 世界で巻き起こるフードイノベーションの全体像
第3章 With&アフターコロナ時代のフードテック
第4章 「代替プロテイン」の衝撃
第5章 「食領域のGAFA」が生み出す新たな食体験
第6章 超パーソナライゼーションが創る食の未来
第7章 フードテックによる外食産業のアップデート
第8章 フードテックを活用した食品リテールの進化
第9章 食のイノベーション社会実装への道
第10章 新産業「日本版フードテック市場」の創出に向けて
【巻末収録】アフターコロナ時代の羅針盤「Food Innovation Map 2.0」

Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する