USEN-NEXT GROUPのUSENは新サービスを2020年9月に発表。無線回線ネットワークを駆使したDXソリューションを展開することで、IP電話からキャッシュレス、音楽配信、監視カメラなどを連携させた。

協力:USEN

 2018年、従来の店舗向け音楽配信事業から総合的な店舗支援サービス事業へと舵を切り始めたUSEN。2020年9月に新サービス「USEN IoT PLATFORM」を発表し、ネットワーク技術を駆使した店舗支援事業へ攻勢を強めている。

 同社取締役事業開発統括部長の塚本健太氏は、2020年11月18日に開催したオンラインセミナー「飲食店経営DXセミナー」にて、同社の新事業の全貌について解説した。

USEN 取締役 事業開発統括部長 塚本健太氏
USEN 取締役 事業開発統括部長 塚本健太氏

店舗ネットワークの中心に位置する「U AIR」

 USEN IoT PLATFORMの中核となるのが無線通信サービス「U AIR(ユー・エアー)」だ。NTTドコモのLTE網(MVNO)を経由して、店舗内にWi-Fiネットワークを構築する専用端末がその正体となる。

 店内に設置した機器本体の電源を入れるだけで、近在するNTTドコモ基地局の電波を拾い、自動的にインターネットを接続する。そして、店舗で使用するIP電話、USENの主力事業である音楽配信、店内監視カメラ、POSレジ、キャッシュレスといった店舗向けサービスのデータ転送を束ねるのがU AIRの役割だ。月額2,500円のU AIRベーシックプランでは、POSレジ(本体別)や電子決済などのサービスまでで、そのほかのサービスへの接続は月額3,500円のプレミアムプランでの対応が可能となる。

USEN IoT PLATFORMの連携サービス
USEN IoT PLATFORMの連携サービス

 U AIRが一般向けの無線通信と違うのが、USENの各種サービスを使うことを前提に通信速度を安定的に供給する点だ。NTTドコモの無線回線帯域のうち、USEN専用帯域が割り当てられており、仮にNTTドコモ回線が混雑しても、その影響を受けずに安定した通信速度を維持できるという。キャッシュレスなど外部システムとの通信トラブルが許されないサービスでも、安定的に利用できるような設計になっているわけだ。

 U AIRの導入には店舗へ回線を引き込むための工事をする必要がないことも、小規模な飲食店にとって大きなメリットの一つ。さらに、機器設置から運用に至るまでのサポートも、全国で1,000人を数えるUSENの技術スタッフが現場で対応する。設置のハードルを下げ、技術的なサポート要員も整えることで、システムを導入する負担をなるべく減らしたことが最大の強みだと言える。