コロナ禍にあって、最も打撃を受けている外食産業。先行きはますます不透明で、飲食店が生き残るために、目先だけでなく中長期的に考え、抜本的な改革に取り組まなければならない状況にある。こうしたなかで、キーワードとして語られるようになっている取り組みが「DX(デジタルトランスフォーメーション)」。飲食店にソリューションを提供する企業の最新事例を、11月18日に開催したオンラインセミナー「飲食店経営DX」から探った。

協力:LINE

 飲食店が売り上げを伸ばしていくためには、新規顧客の獲得とリピーター確保の両方を、同時に実現していくことが重要となる。様々なIT企業がそのソリューションを提供しているなかで、「ローカルビジネス事業部」を11月に新設し、個店や中小規模の飲食店をサポートすることに本腰を入れ始めているのがLINEだ。

 LINEは、月間利用者数8600万人、そのうち毎日利用する率が85%(いずれも2020年9月時点)にものぼる生活に密着したコミュニケーションツール。ビジネス利用も活発だ。特に企業や店舗がLINE上でアカウントを作り、「友だち」としてつながったユーザーへダイレクトに情報を届けられるサービス「LINE公式アカウント」は、顧客のリピート促進、CRMの観点から、現在、様々な業種、企業での利用が進んでおり、月に一度以上利用している「アクティブアカウント」は24万(2020年9月時点)に達する。なかでも利用率が最も高いジャンルが飲食店だ。

「LINE公式アカウント」の利用率が最も高いジャンルが飲食店
「LINE公式アカウント」の利用率が最も高いジャンルが飲食店

 例えば、お好み焼・もだん焼をはじめとした大阪のご当地グルメ等を提供している「ぼてぢゅう」ではLINE公式アカウント開設後、クーポン施策を中心に友だち集めを実施。結果、現在では全店舗の総「友だち」数が約44万人まで増加。月に1回、割引等が受けられるお得なクーポンを配信することで、常連客を確保し、来店頻度が高まるという効果を得ている。

「ぼてぢゅう」はLINE公式アカウント開設後、クーポン施策を中心に約44万人の「友だち」を獲得
「ぼてぢゅう」はLINE公式アカウント開設後、クーポン施策を中心に約44万人の「友だち」を獲得

 また、全国でチェーン展開するラーメン店「一風堂」では、雨の日は替玉が1玉無料となるLINE限定クーポン「雨玉」を配信するなどLINE公式アカウントを活用。ある雨の日は、1日の来店者700人のうち100人がLINEのクーポンを利用するなど、クーポンきっかけの来店者が大幅に増加している。

「一風堂」は店舗ごとのLINE公式アカウント運用によって集客
「一風堂」は店舗ごとのLINE公式アカウント運用によって集客