世界でも権威あるスピリッツコンペティション「International Spirits Challenge 2020」のOther World Spiritsカテゴリーにおいて、「Double Gold」を受賞した「WAPIRITS TUMUGI」。これは、今年3月に米国で開催された「San Francisco World Spirits Competition 2020」にて受賞した「Best in Class」に続く快挙となった。三和酒類のスピリッツ担当・渡辺宏氏と、世界中のカクテル愛好家に名を知られたバーテンダー・鹿山博康氏に、麹からつくる和のカクテルベーススピリッツの魅力について聞いた。

協力:三和酒類

麹を使った酒づくりから生まれた、日本発のカクテルベーススピリッツ「WAPIRITS TUMUGI」
麹を使った酒づくりから生まれた、日本発のカクテルベーススピリッツ「WAPIRITS TUMUGI」

日本の麹を使った酒づくりを極めるために

 ユネスコ無形文化遺産にも登録される日本人の伝統的な食文化「和食」。その食文化を支えてきたのが「麹」だ。素材の持つうま味を引き出し、豊かな風味を与える麹は、味噌、醤油、酢などの発酵食品を通じて我々の生活に溶け込んでいる。日本酒、焼酎もまた、麹の存在抜きに語ることはできない固有の文化だ。

 「私たちの酒づくりの原点は麹文化。 日本酒や本格焼酎同様、日本ならではの麹を使ったカクテルベースのスピリッツをつくってみよう、そんな思いから生まれたのが『WAPIRITS TUMUGI』です」と三和酒類の渡辺宏氏は語る。

 「WAPIRITS TUMUGI」の原料となるのは良質な二条大麦。大麦の持ち味を生かすべく、まず、手間をかけてじっくりと大麦麹をつくる。糖化(=大麦のデンプンを麹が糖分に変える)と発酵(=酵母の作用により、糖分をアルコールと炭酸ガスに変える)を一度の工程で行う並行複発酵、豊かな香りを引き出す単式蒸留と、「WAPIRITS TUMUGI」には、同社が手掛ける「いいちこ」で培った技術が惜しみなく注がれているという。

 こうして出来上がった、麹菌が育んだスピリッツ(本格麦焼酎)には、麦の香りや甘み、ふくよかな味わいが感じられるのだ。 

 これに大分産かぼす、日田産ミント、三ヶ日産みかん、四国産ゆず、瀬戸内産レモン。フレッシュなボタニカルと麹由来の原酒からつくられたスピリッツを絶妙にブレンドすることで、麹の風味を引き出したのが「WAPIRITS TUMUGI」なのだ。

 「麹を使った酒づくりの伝統技術に、国産ボタニカルという時間と手間のかかる工程をプラスすることで、麹の風味と柑橘系の爽やかさを持つ、和のカクテルベーススピリッツは生まれるのです」(渡辺氏)

 そんな「WAPIRITS TUMUGI」は、世界でも権威あるスピリッツコンペティション「International Spirits Challenge 2020」において、世界中の優れたスピリッツの中から厳正なる審査を経て、Other World Spiritsカテゴリーで「Double Gold」を見事受賞。

 世界でも認められた「WAPIRITS TUMUGI」は、海外でも名の知られた気鋭のバーテンダー・鹿山博康氏の目にどう映るのか。次ページから紹介していく。