テクノロジーの進化によって多くのライブ配信サービスが登場するなか、コンテンツの発信スタイルも多様化。その先進的モデルとしてFM802とNTT西日本がタッグを組み始動した「REALIVE360 VR ZONE」の魅力を探る。

協力:NTT西日本

「ICT」で社会的課題に向き合い魅力ある「体験」を提供

 デジタル技術の変革を受け、様々なライブストリーミングサービスやオンラインコンテンツが盛り上がりを見せるなか、今までにないリアル感を追求したライブ配信プロジェクトが話題を呼んでいる。

 「REALIVE360 VR ZONE(リアライブサンロクマル ブイアール ゾーン)」。NTT西日本グループのVR(バーチャルリアリティ)アプリ「REALIVE360」を活用し、関西にゆかりのあるアーティストのライブを公開後から3ヵ月間無料で配信している。スマホにアプリをダウンロードすれば、臨場感あるライブを楽しめるという趣向だ。

 そもそも、同アプリの開発がスタートしたのは2018年のこと。その際の課題として「都市部と地方の『体験の格差・機会格差』をICTの力で解消できないか。そんな強い思いが契機となりました」。そう明かすのはNTT西日本ビジネスデザイン部担当課長笹原貴彦氏だ。

 音楽ライブをはじめエンターテインメント系のイベントは公演数や動員数など、都市部に集中している。地方在住の音楽ファンにとって遠方から交通費・時間をかけて参加するのはハードルが高い。さらにハンディキャップを持つ方やシニア、小さな子供を持つファミリーなど、音楽が好きでもライブ会場に足を運びにくい層は多く存在する。

 同社は社会的課題に対し前線に立ち、ICTの力で解決する「ソーシャルICTパイオニア」を標榜している。多様なサービスやソリューション、新規事業創出により、新たな価値創造と地域貢献の実現をミッションに掲げる。「その取り組みの一環として注目したのが、エンタメをはじめ教育など、様々な活用シーンが期待できるVRでした」(笹原氏)。

 事業化に際しては同社の配信技術に加え、映像制作を手掛けるベンチャー企業などと協業体制を構築。2019年末には同アプリが手掛ける第1弾アーティストとして「ももいろクローバーZ」のライブを展開し、大きな話題を呼んだ。

 今回のプロジェクトは、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、アーティストやライブ、音楽フェスなど音楽カルチャーに関わる諸活動が変容を迫られるなか、「弊社は地域に寄り添うことを大切にしているので、まずは関西圏のアーティストやライブハウスをバックアップするとともに、音楽カルチャーの新しいスタイルの発信ができないかという思いからプロジェクトをスタートしました」(笹原氏)。

 そこで、音楽・エンタメに関する知見を求め、関西の音楽シーンをけん引する在阪ラジオ局「FM802」と音楽業界が抱える課題、新しいライブ体験創出にかける思いを共有。2社がタッグを組んだ今回のプロジェクトが誕生した。

NTT西日本(西日本電信電話株式会社) ビジネスデザイン部 担当課長 笹原貴彦氏
NTT西日本(西日本電信電話株式会社) ビジネスデザイン部 担当課長 笹原貴彦氏