家電との連携やキャッシュレス決済など、通信機器の枠を超えて生活必需品となっているスマートフォン。新しい切り口のサービスをITジャーナリストの安蔵靖志氏に聞いた。

協力:ソニー損保

ITジャーナリスト 安蔵靖志氏
ITジャーナリスト 安蔵靖志氏

ライフスタイルの拡充も賢い消費もスマホ活用がトレンド!

 多くの日本人にとって、スマホはなくてはならない存在となっている。新たなサービスや社会の仕組みも、スマホの普及が前提となっているものは多い。では、本当に価値のあるスマホ関連サービスとはどのようなものなのだろうか。IT機器や家電に精通するITジャーナリストの安蔵靖志氏にスマホ活用の最新トレンドを聞いた。

 「まずはライフスタイルの拡充という点で、家電との連携やAIの活用といったところが大きな流れとなっています。家事などのタスクを効率化して時間を生み出す『時産』というキーワードがありますが、わかりやすいのが調理器具です。レシピはスマホ経由でいくらでも入手できますし、器具に材料を入れておけば、材料が傷まないように温度を自動調節してくれて、指定の時間に出来上がる。学習機能で味付けも最適化され、時間の変更も外出先からスマホで楽々できてしまう。浮いた時間は趣味や育児など、ライフスタイルの拡充にあてるのが、ユーザー意識のトレンドですね」(安蔵氏)

 この他、賢い消費生活にもスマホは役立っているという。

 「スマホで賢い消費といえば、やはりキャッシュレス決済やポイントバックを連想しますが、それだけではありません。先ほどの話と同様、家電やAIとの連携で、エアコンや照明の電気代を節約することも容易ですし、最近では冷蔵庫の中身をスマホで簡単に管理して、食品ロスを防ぐといった機能も発表されており、近い将来の実用化が期待されています」(安蔵氏)

スマホを活用したスマートなテクノロジーサービスとは

スマートフォンで運転計測する、ソニー損保の自動車保険「GOOD DRIVE」
スマートフォンで運転計測する、ソニー損保の自動車保険「GOOD DRIVE」

 日々、生まれるスマホ関連サービスの中でも、ライフスタイルの拡充と賢い消費生活の両面で安蔵氏が注目する新しい切り口のテクノロジーサービスがある。それが、2020年3月18日にソニー損保が発表した自動車保険「GOOD DRIVE」だ。車の運転を通して賢い消費生活が実現するというこの自動車保険について、まずは概要から見ていこう。

 大まかな仕組みは、専用のスマホアプリで運転を計測・スコア化することで、自分の運転の癖や欠点が可視化され、結果として事故を起こす可能性の低減に役立つというもの。安蔵氏が「GOOD DRIVE」を評価する点は、ユーザーを識別するための「ビーコン」と呼ばれる手のひらサイズのデバイスを設置する以外、特別な準備が必要ないという手軽さだという。

 「ビーコンを設置しておけば、車のエンジンをかけるだけでスマホが自動連動、走行時に自動計測されるシームレスさがとてもスマートです。また、ソニー損保の自動車保険と連動していて、運転スコアが高いと保険料がキャッシュバックされるというインセンティブもあります。運転がさらに楽しくなるという観点から考えれば、ライフスタイルの拡充と賢い消費生活を両立させる新しいサービスといえるのではないでしょうか」(安蔵氏)

 では、ライフスタイルの拡充と賢い消費につながる仕組みについて詳しく見ていこう。