東京・渋谷にある「スペイン坂」。日々、若者でにぎわう街だ。今回はこのストリートを「歩きやすく」「快適に」したいという街の人々の悩みを、光のパブリック・アートで解決することに挑戦する。多様かつ精緻な映像作品を使って人通りをコントロールしようという試みだ。この活動を進めるクリエイターと、それを支えるPCに焦点を当てた。

協力:マウスコンピューター

 東京・渋谷。「渋谷パルコ」横から井の頭通りに抜けるなだらかな坂道「スペイン坂」。2019年11月、渋谷パルコがリニューアル・オープンしたことから人通りが増えているという。このストリートから「人の渋滞」を減らし、より快適にしたいというスペイン通り商店会の想いがあり、課題解決を目指して、まずは実験的に光のパブリック・アートをトライすることにした。商店街の通りでプロジェクション・マッピングによるパブリック・アートを展開し、「人通り」を整理しようという、これまで東京では例を見ない試みだ(※)。

 スペイン坂の一部分を使い、その路面にプロジェクション・マッピングによるパブリック・アートを映し出す。該当する通りに面した店舗の協力を得て、店舗の一角に設置したプロジェクターから投影する。映像コンテンツは店舗内などに用意されたバックヤードに配置したハイスペックのPCから再生した。

【PR】「課題解決型」光のアートをスペイン坂で。創作力を高める「待たせない」PC(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
【PR】「課題解決型」光のアートをスペイン坂で。創作力を高める「待たせない」PC(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
プロジェクション・マッピングによるパブリック・アートを行ったスペイン坂の路上

 このパブリック・アートを創り出したのは、東京駅プロジェクション・マッピング「TOKYO HIKARI VISION」や、東京の街を舞台としたアートイベント「TOKYO ART CITY BY NAKED」、豊洲・日本ユニシスビル「大型マッピング広告実証実験」など、都市のメディア化に向けた取り組みを行っているネイキッド。同社のアートディレクター 衛藤一郎さんは企画の狙いをこう語る。「街の景観を崩さず、デジタル技術を駆使した映像投影によって通りの快適さを生み出したかった」。

 演出効果には、ブロックや矢印などの「通行」をイメージしたデザインや、「渋谷」の文字などを使用。「子供の頃、道路の白線や歩道を思わず歩いたり、避けたりした経験をモチーフにした」(衛藤さん)という。

「歩きたくなるような街を、デジタル技術を活用して渋谷に作りたかった」と話すネイキッドの衛藤一郎さん
「歩きたくなるような街を、デジタル技術を活用して渋谷に作りたかった」と話すネイキッドの衛藤一郎さん
[画像のクリックで拡大表示]

映像表現は日々多様化、描写も精緻に

 スペイン坂の課題解決と「歩きたくなる街」の演出。この2つのテーマに向き合った衛藤さん。「人通りの多い商店街で、それぞれが避け合いながら歩くことはとても難しい。そこで、歩くことにアート表現を加えることで、歩行者の動きを整えられるような拡張表現を作った」。

 プロジェクション・マッピングのような映像作品は、その表現を豊かにすればするほど映像のデータ量が多くなり、PCでの作業も「重たく」なってくる。4Kや8Kなど映像再生技術の進歩に伴い、作品もその表現は多様になり、描写も精緻になっている。そこで生じるのが、映像制作中の「待ち時間」だ。映像制作アプリケーションなどの作業中に、映像を書き出し(レンダリング)たり、保存する際にPC処理にかかる時間、つまり待ち時間が短いほうが良い。

【PR】「課題解決型」光のアートをスペイン坂で。創作力を高める「待たせない」PC(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
【PR】「課題解決型」光のアートをスペイン坂で。創作力を高める「待たせない」PC(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
ネイキッドのオフィスにて、スペイン坂で使った光のパブリック・アートを制作しているところ。PCはマウスコンピューターに協力してもらい、インテル® Core™ i9-9900Kを搭載した「DAIV Z9」を使った
※スペイン坂で行われた光のパブリック・アート:2020年3月13~15日開催、主催・ART CITY PROJECT in TOKYO「SHIBUYA NIGHT WALK 2020」実行委員会、共催・一般財団法人渋谷区観光協会