米スタンフォード大学と神奈川県は、2019年5月28日~29日の2日間、「2019年第4回 スタンフォード・神奈川シンポジウム」を米カリフォルニア州のスタンフォード大学で開催した。日本とアメリカのヘルスケア・イノベーションの最前線を同シンポジウムから紹介します。

協力:スタンフォード大学 SLDDDRS

【PR】ビッグデータと新戦略で、ヘルスケアを変革する(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

 スタンフォード大学医学部と神奈川県は、2016年に覚書を締結した。超高齢化社会に対応するために、双方の臨床研究支援拠点間での協働を推進するとともに、「未病産業の国際展開」や「人材育成」などにおける連携するのが目的だ。

 今回のシンポジウムのテーマは「Innovations In Drug, Device Development, And Healthcare」。革新的医薬品開発や医療機器開発、レギュラトリーサイエンス、超高齢化社会に対するイノベーションなどについて、日米の研究機関や企業、行政機関から、多くの著名人が最先端の知見を発表するとともに、活発な議論を展開した。神奈川県は、このシンポジウムで得た情報を持ち帰り、県が推進する「ヘルスケア・ニューフロンティア政策」に反映させていく。

 以下、「スタンフォード・神奈川シンポジウム」の2日間の講演の中からトピックスを紹介する。

神奈川県は“未病の改善”を目指し再生・細胞医療を推進

 まずは神奈川県の取り組みを紹介しよう。ヘルスケア・ニューフロンティア推進統括官の金井信高氏が、「神奈川県における再生・細胞医療などの先端医療技術の推進」と題して講演した。県は健康寿命日本一および新たな市場・産業の創出を目指している。具体的には、科学技術の活用として最先端医療・最新技術の追求と、個人の行動変容として未病の改善を、国内外の様々な組織と連携しながら進めている。

【PR】ビッグデータと新戦略で、ヘルスケアを変革する(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
神奈川県のヘルスケア・ニューフロンティア政策

 未病とは、健康と病気を2つの明確に分けられる概念としてとらえるのではなく、心身の状態は健康と病気の間を連続的に変化するものととらえ、このすべての変化の過程を表す概念である。「未病の改善」とは、心身の日々の状況を確認(可視化)し、将来の自分への投資を兼ねて、あらゆる段階で「健康側」に少しでも近づけることである。そこで、神奈川県では、「ME-BYO」を国際商標登録し、毎年、特徴的な製品・サービスを「未病ブランド」として認定することで海外展開を支援している。

 また、未病リビングラボの取り組みを通じて実証フィールドの提供などを行い、未病の市場化を促進している。羽田国際空港に隣接する殿町地区は、ここ数年で国際的なメディカルクラスターとして急成長を遂げている。2016年4月、神奈川県は、川崎市殿町に再生・細胞医療の産業化拠点としてライフイノベーションセンターを整備し、ファンドを創設するなどしてバイオベンチャーを支援しながら、再生・細胞医療に携わる様々な企業が交流することによって新たなイノベーションの創出を促す取り組みを推進している。

“集団健康”に最新技術や科学を導入

 こうした「未病の改善」のために最新技術を積極的に取り入れる研究の発表にも注目が集まった。

 スタンフォード・ヘルスケアの会長兼CEOであるデビッド・エントウィスル氏は、スタンフォード大学病院における医療や研究を大きな視点から捉え、医療の進むべき道を考える立場にある。同氏の講演は、スタンフォード大学病院がテクノロジーやデータを利用できる新しい時代に、どのような意識を持って何を行っているかに触れたものだ。

 とりわけ「Population Health」に関わる観点からの発言が特徴的だった。世界保健機関は、Population Health(集団健康)を「組織された地域社会の努力を通して、疾病を予防し、生命を延長し、身体的、精神的機能の増進をはかる科学であり技術である」と定義している。エントウィスル氏は、「集団健康は、米国では最優先課題として捉えられるようになっている」という。その理由は何と言っても医療コストだ。

【PR】ビッグデータと新戦略で、ヘルスケアを変革する(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
スタンフォード・ヘルスケア会長兼CEOのデビッド・エントウィスル(David Entwistle)氏

 「医学では、すさまじいブレークスルーが起こり続けている。しかし、2055年には地球の人口が100億人を超える。その現実を捉えると、どんなブレークスルーも追いつかないほどのコストがかかることが予想される」

 医療の進歩もさることながら、そもそも病気にならないように予防することが必須の課題ということになる。米疾病対策センター(CDC)の発表によると、心臓病の80%、2型糖尿病の80%、がんの40%は、生活スタイルの改善によって発病を防ぐことが可能なものだ。したがって、医療や科学における発展も重要だが、社会全体から成果を引き出すには、より精密なアプローチによって未病を実現するという観点が必要になると同氏は強調した。

【PR】ビッグデータと新戦略で、ヘルスケアを変革する(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
【PR】ビッグデータと新戦略で、ヘルスケアを変革する(画像)
[画像のクリックで拡大表示]