オフィスで食べるのにぴったりなみかんを産地からオフィスに直送する新たなD2Cサービスがスタートした

協力:JAにしうわ

ビジネスパーソンほどしっかり果物を食べるべき理由

 「果物をお菓子などと同様に嗜好品と思っている人は、若い人ほど多いようですが、果物は栄養のバランスを考えると毎日食べた方がよいものです。健康的な食生活の実現を目的として厚生労働省と農林水産省が策定した『食事バランスガイド』でも、果物(みかんで換算すると2個分)を毎日食べることが推奨されています」

 そう語るのは、栄養士・フードアナリストの笠井奈津子氏。しかし、企業での講演や食事相談で、働く人の食事記録を見ることが多い笠井氏の経験上「20~40代のビジネスパーソンほど果物を取らない」傾向が強いそうだ。その理由には「食べるのが手間」「高価」「買いに行くのが面倒」など、様々な理由が考えられるが、多忙な毎日を過ごし、疲れが溜まっている人が多いこの年代のビジネスパーソンにこそ「積極的に果物を取ってほしい」という。

 それは、果物を食べることで、体のエネルギー源であり、不足すると疲れやすくなる糖質を効率的に摂取できるからだ。

 しかし、糖質の補給なら、お菓子ではダメなのだろうか? この問いに対し、笠井氏はこう答える。

 「確かにお菓子でも糖質は取れますが、取れる栄養素は糖質だけというケースが多い。それに比べて果物は、糖質以外にも体によい影響を及ぼす栄養素が取れるのがメリットです。例えば集中力を高めるためには、糖質を摂取して血糖値を上げることが有効ですが、実は単に血糖値を上げればよいのではなく、血糖値が上がった状態を安定的に持続させるのが理想的。そのためには、食物繊維の力が必要になりますが、果物なら食物繊維も取れます。また、比較的カロリーも低いので、糖質補給には果物を食べるのがうってつけなのです」

 さらに柑橘類などに多く含まれているビタミンCは、抗ストレス作用があるので、仕事で日々ストレスと戦っているビジネスパーソンには、ぜひ取って欲しい栄養素のひとつ。ただ、ビタミンCは体内に蓄積できないため、仕事の合間にこまめに補給するのがおすすめだ。そうはいっても、仕事中にオフィスでいちいち包丁を使って、皮を剥き、切り分けなければならない果物を食べるのは、やはり面倒である。そこで笠井氏が推すのが、みかんだ。

栄養士・フードアナリスト 笠井奈津子氏
栄養士・フードアナリスト 笠井奈津子氏