【PR】小田急MaaSの挑戦

【PR】小田急MaaSの挑戦

MaaSという言葉がニュースを賑わせているが、明確な定義があるわけではない。一般的には「いろいろな種類の交通サービスを需要に応じて利用できる1つの移動サービスに統合すること」。小田急電鉄は、このMaaSにおいて1つの回答を示した。2019年10月末にサービスを開始したMaaSアプリ「EMot(エモット)」である。
  • 【PR】MaaSアプリ「EMot」は何を実現するのか?
    2019.11.13
    【PR】MaaSアプリ「EMot」は何を実現するのか?
    MaaS(マース=Mobility as a Service)という言葉がニュースを賑わせるようになったが、その明確な定義があるわけではない。一般的には「いろいろな種類の交通サービスを需要に応じて利用できる1つの移動サービスに統合すること」と言われている。小田急電鉄は、このMaaSにおいて1つの回答を示した。2019年10月末にサービスを開始したMaaSアプリ「EMot(エモット)」である。

関連特集・連載

都心へ発進 相鉄のブランド再構築
都心へ発進 相鉄のブランド再構築
全3回
【PR】地方発ヒット商品の作り方
【PR】地方発ヒット商品の作り方
【PR】「働くひとの西宇和みかん」とは
【PR】「働くひとの西宇和みかん」とは
2019年ヒット商品ベスト30
2019年ヒット商品ベスト30
全32回