【PR】メード・イン・ジャパン復権の鍵
全3回

【PR】メード・イン・ジャパン復権の鍵

なぜ、今、ものを作っても売れないのか――。「ものづくり未来会議」では、デザイン思考とその実践の最先端を走るデザイナーの田子學氏をモデレーターに先進企業と日本のものづくりの未来が議論された。その講演も踏まえながら日本が再び躍進するため、「ものづくり立国ニッポン」復権へのヒントを探ってみよう。
  • 【PR】「メード・イン・ジャパン」復権の鍵はデザインとスピード
    第1回
    2019.10.30
    【PR】「メード・イン・ジャパン」復権の鍵はデザインとスピード
    なぜ、今、ものを作っても売れないのか――。これは、日本の製造業が抱えている大きな悩みだろう。日本の製造業は、技術の革新や創意工夫、新素材開発などによる優れた品質水準を誇り、メード・イン・ジャパンは世界を席巻した。しかし、今や日本の国際競争力は低下してきているという指摘もある。10/9~10/11に開催された日経クロストレンドEXPOでは「ものづくり未来会議」として、デザイン思考とその実践の最先端を走るデザイナーの田子學氏をモデレーターに先進企業と日本のものづくりの未来が議論された。その講演も踏まえながら日本が再び躍進するため、「ものづくり立国ニッポン」復権へのヒントを探ってみよう。
  • 【PR】誰でも簡単に「1人メーカー」になれる時代
    第2回
    2019.11.11
    【PR】誰でも簡単に「1人メーカー」になれる時代
    テーブルに置けば、まるで花を飾るように光を飾ることができる。パイロット・ラボラトリーの研究室長・チーフデザイナーの山中佑允氏が製造するLEDテーブルランプ「Flumie(フルミエ)」は、LEDの特徴を生かし、花の形をしたコードレスのテーブルランプだ。山中氏はたった1人でFlumieを開発製造する、いわゆる「1人メーカー」で、それを支えているのがプロトラブズだ。10/9~10/11に開催された日経クロストレンドEXPOの「ものづくり未来会議」で語られた、山中氏の新たなものづくりへの挑戦を紹介しよう。
  • 【PR】3DCADの進化がカジュアルなものづくりへ
    第3回
    2019.11.18
    【PR】3DCADの進化がカジュアルなものづくりへ
    ものづくりは「匠の技」とイメージする人は多いだろう。しかし、今はデジタルイノベーションによりカジュアルなものづくりが実現している。10/9~10/11に開催された日経クロストレンドEXPOの「ものづくり未来会議」では、エムテド代表取締役デザイナーの田子學氏をモデレーターに、プロトラブズの横田哲哉氏、オートデスクの藤村祐爾氏が3DCADの視点で「ものづくり」へのメッセージを送った。

関連特集・連載

最後の成長市場 シニアの攻略法は新3K
最後の成長市場 シニアの攻略法は新3K
全5回
大予測2020-2021
大予測2020-2021
全7回
ランキングから探るブランド成功の鍵
本日更新
ランキングから探るブランド成功の鍵
都心へ発進 相鉄のブランド再構築
都心へ発進 相鉄のブランド再構築
全3回