SPREAD(スプレッド)山田春奈と小林弘和によるクリエイティブ・ユニット。環境・生物・物・時間・歴史・色・文字、あらゆる記憶を取り入れ「SPREAD=広げる」クリエイティブを行う。プロジェクトに深く関わりながら、「カラーとコンセプト」を特徴にグラフィック、プロダクト、エキシビションなどのデザイン&ディレクションを行う。常に社会提案を心がけている

【PR】Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2019

2019年09月30日
  • 酒井恭佑氏(右)と藤谷菜未氏(左)
  • 深澤直人や五十嵐久枝がデザインした遊具が登場。より良い子供のあそび環境を考える「PLAY DESIGN LAB」による5種類の遊具が並びます
  • ウェブマガジン「六本木未来会議」のアイデア実現プロジェクト「森の学校」が特別開講。異なるジャンルのトップクリエイターが青空のもとで特別授業を行います
  • デザインの森-考える-エリアでは、時間をテーマにした彫刻が登場します。「一瞬」という時間を表現するために風をモチーフとして選び、人間の目では捉える事ができない瞬間の風の形を可視化しました
  • スイスの高級時計ブランド オーデマ ピゲによる世界巡回展「時計以上の何か」。芝生広場に30m×45mのパビリオンが登場します
  • いままで一般公開したことのないスマートフォンなどの「プロトタイプ」や「スケッチ」を数十点展示します
  • 「クルマは単なる鉄の塊ではない。クルマに命を吹き込み、人とクルマをエモーショナルにつなぎたい」というマツダの魂動デザインの考え方を具現化したCX-30をご覧いただきます
  • SPREAD(スプレッド)山田春奈と小林弘和によるクリエイティブ・ユニット。環境・生物・物・時間・歴史・色・文字、あらゆる記憶を取り入れ「SPREAD=広げる」クリエイティブを行う。プロジェクトに深く関わりながら、「カラーとコンセプト」を特徴にグラフィック、プロダクト、エキシビションなどのデザイン&ディレクションを行う。常に社会提案を心がけている
  • 約1kmのメッシュ生地を使用した、色鮮やかでダイナミックなインスタレーション。約80mにわたり、エネルギッシュな色彩の渓谷が楽しめます。