東京ミッドタウンの開業以来毎年続く「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH」。10月18日から開催される今年の見どころを紹介します。

協力:東京ミッドタウンマネジメント

 Tokyo Midtown DESIGN TOUCHの企画・プロデュースを担当している東京ミッドタウンマネジメント株式会社 タウンマネジメント部の酒井恭佑氏と藤谷菜未氏。お二人にDESIGN TOUCH開催の背景や思いを伺った。

酒井恭佑氏(右)と藤谷菜未氏(左)
酒井恭佑氏(右)と藤谷菜未氏(左)

CREATIVITYというムーブメントを起こしていきたい

 Tokyo Midtown DESIGN TOUCHは東京ミッドタウンの開業以来毎年ずっと続けているイベントです。「デザインを五感で楽しむ」というのが一貫して変わらないコンセプトで、来場者にデザインを通じて新しい発見をしていただきたい、今までなかった新しい価値を感じていただきたい、という思いを込めています。テーマに関しては、社会的背景やデザインが置かれている状況を鑑みながら、毎年私たちが設定しています。

 デザインの領域やデザインという言葉が意味するもの自体が、13年前に東京ミッドタウンが開業した頃とは変わってきています。当時はプロダクトデザインや建築などからスタートしましたが、そこからグラフィックに変わり、デザインの概念がサービスなどに広がっている流れがあり、2016年は「ひろがるデザイン」、2017年は「ふれる」をテーマにしました。

 今年は「FUSION(融合)」をテーマに掲げています。今、社会が激変している中で、何か一つの領域だけをフィーチャーしていても、なかなか新しい価値は生まれません。人やモノを掛け合わせていく事で新しい価値が生まれるのではないか。そういった期待を込めて「FUSION(融合)」というテーマを設定しました。

【見る】六本木カラー渓谷
10/18[金]~11/4[月・振休] ※荒天中止
ミッドタウン・ガーデン
主催=東京ミッドタウン クリエイター=SPREAD
約1kmのメッシュ生地を使用した、色鮮やかでダイナミックなインスタレーション。約80mにわたり、エネルギッシュな色彩の渓谷が楽しめます。
約1kmのメッシュ生地を使用した、色鮮やかでダイナミックなインスタレーション。約80mにわたり、エネルギッシュな色彩の渓谷が楽しめます。
【遊ぶ】デザインの広場
10/18[金]~11/4[月・振休] 対象年齢:1~6歳
ミッドタウン・ガーデン
主催=東京ミッドタウン 協力=株式会社ジャクエツ
深澤直人や五十嵐久枝がデザインした遊具が登場。より良い子供のあそび環境を考える「PLAY DESIGN LAB」による5種類の遊具が並びます
深澤直人や五十嵐久枝がデザインした遊具が登場。より良い子供のあそび環境を考える「PLAY DESIGN LAB」による5種類の遊具が並びます
【創る】森の学校 六本木未来会議アイデア実現プロジェクト
10/19[土]~10/20[日] 11:00~17:00 ※予約サイトPeatixから事前申し込み
ミッドタウン・ガーデン
主催=六本木未来会議 講師=三澤遥・中川周士
ウェブマガジン「六本木未来会議」のアイデア実現プロジェクト「森の学校」が特別開講。異なるジャンルのトップクリエイターが青空のもとで特別授業を行います
ウェブマガジン「六本木未来会議」のアイデア実現プロジェクト「森の学校」が特別開講。異なるジャンルのトップクリエイターが青空のもとで特別授業を行います
【考える】Moment
10/18[金]~11/4[月・振休] 11:00~21:00 ※荒天中止
ミッドタウン・ガーデン
主催=東京ミッドタウン クリエイター=脇田玲 製作協力=博展
デザインの森-考える-エリアでは、時間をテーマにした彫刻が登場します。「一瞬」という時間を表現するために風をモチーフとして選び、人間の目では捉える事ができない瞬間の風の形を可視化しました
デザインの森-考える-エリアでは、時間をテーマにした彫刻が登場します。「一瞬」という時間を表現するために風をモチーフとして選び、人間の目では捉える事ができない瞬間の風の形を可視化しました