イノベーションの創出とは、新興企業だけができる特権ではない。明確なコア・コンピタンスを持つ大企業こそ、そのリソースを生かすことで、ドラスティックな事業を次々と描ける可能性を秘めている。そんな好例を見せたのが、ニチレイが電通デジタルとともに取り組んだ「食」を起点とする同時多発的な事業拡大だ。取り組みの中核を担った二人が「日経クロストレンド FORUM 2019」に登壇した。

協力:ニチレイ/電通デジタル

<左写真>加形 拓也(かがた・たくや)。株式会社電通デジタル デジタルトランスフォーメーション部門 サービスマーケティング事業部 サービスデザイングループ グループマネージャー/<右写真>関屋 英理子(せきや・えりこ)。株式会社ニチレイ 経営企画部 事業開発グループ マネージャー
<左写真>加形 拓也(かがた・たくや)。株式会社電通デジタル デジタルトランスフォーメーション部門 サービスマーケティング事業部 サービスデザイングループ グループマネージャー/<右写真>関屋 英理子(せきや・えりこ)。株式会社ニチレイ 経営企画部 事業開発グループ マネージャー

イノベーティブなニチレイも、陰ながら悩んだ

 1945年に誕生したニチレイは、冷凍食品をはじめとした加工食品事業、低温物流事業を中心にビジネスを展開してきた。1960年代より冷凍加工品や、低温の長距離輸送車の開発を進め、低温物流ネットワーク構築に積極的に取り組むなど、常にイノベーティブな取り組みを行ってきた。直近においても、2つの新規事業を同時多発的に展開しており、その勢いは止まることはない。

 新規事業の1つは、「Licious(リシャス)」というオンライン食肉マーケットプレイスを提供するインド企業との協業だ。サービスの特徴は、契約農家から直接食肉を買い付けて自前の加工施設で加工しながら、注文から2時間以内の配達を保証していること。コールドチェーン(低温物流体系)の整備が不十分だったインドに、小規模ながら新たに流通網を構築することで、インドにおける新たな食肉流通の拡大に挑戦している。

 もう1つは、食のレコメンドサービス「conomeal(このみる)」。食のパーソナライズが加速する中で、「私にとってのおいしさ」とは何か、個々人の食の嗜好性を見える化しようという取り組みである。ニチレイグループの持つ独自技術「Psychometrics(サイコメトリクス)」と「MS Nose(エムエスノーズ)」を活用することで、今の自分にお薦めのメニュー提案をはじめとする食の情報を届けてくれるサービスを開発中だ。

 一見、市場をリードする大企業になった現在も、ニチレイは順風満帆にイノベーションを実現できているように見える。しかし、ここに至る道のりは「そう簡単ではなかった」と、同社で新規事業開発に携わる関屋英理子氏は語る。

 経緯はこうだ。近年の市場環境を見渡すと、デジタル化やグローバル化の潮流により業界の垣根を越えた、破壊的イノベーションがもたらされようとしている。大企業においても、既存事業の強化・改善だけでなく、新規事業開発も同時に推進しなければならない状況にある。そこでニチレイでも、2017年に事業開発グループを発足。グループ企業の垣根を越えて新たな事業にチャレンジしようと試みた。

 しかし、電通デジタルの加形拓也氏は「最初に新規事業を立ち上げようというお話を伺ったときにはまだ、『何を目指すのか』『どうやって事業化するのか』という段階の課題を抱えられていました」と振り返る。