今、教育の現場へのパソコン導入が進んでいるが、世界各国と比べると日本はまだまだ遅れているのが現状だ。学校では教えてもらえないICTスキルを伸ばし、子どもに自分の価値や存在意義を認める感情(自己肯定感)を支えるのは親の役目だと国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(以下、国際大学GLOCOM)准教授・主幹研究員の豊福晋平さんは言う。そのサポート役にうってつけのパソコンとしてDynabook『dynabook V8』の魅力を紹介していく。

協力:インテル株式会社

子どものパソコン活用とは?▽豊福さんインタビュー動画▽

日本の子どものICT活用は“ほぼ底辺”

豊福晋平(とよふく・しんぺい)。国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)准教授・主幹研究員。東京工業大学大学院総合理工学研究科博士課程中退、1995年より国際大学GLOCOMに勤務。専門は学校教育心理学、教育工学、学校経営、教育情報化
豊福晋平(とよふく・しんぺい)。国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)准教授・主幹研究員。東京工業大学大学院総合理工学研究科博士課程中退、1995年より国際大学GLOCOMに勤務。専門は学校教育心理学、教育工学、学校経営、教育情報化

 国際大学GLOCOM 准教授で主幹研究員の豊福晋平さんの専門分野は、教育へのICT普及。子ども一人ひとりに1台ずつ情報機器が行き渡ると、子どもたちの活動がどのように変わっていくのかに高い関心を持っているという。

 「子どもたちが日常的にパソコンを使っていて、その延長線上に授業があったら、先生に指示されなくても、授業が始まれば子どもたちは自然にパソコンを開くし、説明を聞きながらキーボードやペンでメモを取ったり、黒板の板書を撮影したりするでしょう。欧米ではそうなりつつありますが、日本では違います。ごくたまにパソコンを使う授業はあっても、普段の授業ではパソコンを使わない。経済協力開発機構(OECD)による国際的な生徒の学習到達度調査(Programme for International Student Assessment ; PISA)の結果を見ても、日本の学習用途でのICT活用は調査参加国のほぼ底辺に位置しています」

 2015年に調査された最新の結果では、日本は科学的リテラシー、読解力、数学的リテラシーでは上位に位置している一方で、「校内・校外での学習用途のICT利用」のスコア(※)はOECD平均を大幅に下回り、調査参加国・地域のなかでも、ダントツに低い。

 豊福さんは「本来、ICTを学びにつなげるのは学校の役割です」と前置きしたうえで、「しかし、学校ではほとんどパソコンが使われていない以上、保護者の方が、日常生活の延長で学びを捉え、どのような使い方ができるか考えるのが建設的です」と指摘する。では、具体的に親は子どもに対してどのようにすればいいのだろうか。

 「子どもは基本的に親のまねをしたがりますよね。親のしていることは、自分たちの将来につながるものだと確信しているのです。ですから“これをやらせよう”以前に、パソコンで何かを作ったり、他の方に連絡を取ったりという姿をさりげなく見せるだけでも、子どもにとっては大きな刺激になると思います」と豊福さんは話す。

 例えば、タイピングしている姿は、子どもの目には憧れの対象としても映る。そして子どもがパソコンに興味を示したなら、パソコンに関する知識や具体的な操作方法を教えることよりは、パソコンならではの使い道の理解を共有することが親の役割として大きいという。

 「パソコンは、タブレットやスマートフォンとは違い、“何かを組み合わせて別のものを作る”知的生産に関わりやすい道具です。例えばアルバムを作ってみようとか、動画を編集してみようとか、まずは物事を作り出す方向へ興味を向けさせることができれば『パソコンってこういうことに使えるんだ』と子どもは認識するようになります」

 子どもに必要なのは“自分でなんとか使いこなせる機械”と思わせることが大切です、と豊福さんは言う。「『これはやっちゃだめ』『触ったから壊れた』などという言葉は、パソコンを難しいものとしてしまい、子どもは関わりを避けるようになってしまいます。でも、一度自分でできる経験があれば、それが自信になり、実社会での問題でも『自分でなんとか解決しよう』と思うようになります。こうした経験は、パソコンの使い方を身に付ける以上に、子どもにとっての大きな糧となるのではないでしょうか」

 せっかく芽生えたパソコンへの関心を奪わないためにも、自己解決力とその先にある自信、自己肯定感を高めるためにも、子どもがパソコンを自在に操れる道具にするまでを親がサポートするのが良さそうだ。

(※)出典:豊福晋平(2017)「PISA2015 ICT活用調査における日本 教育情報化の現状と課題」日本教育情報学会33回年会論文集 pp.228-229

子どもにこそ“肥後守”のようなパソコンを

 豊福さんはさらに「子どもだましのパソコンも、子どもの興味を奪います」と話す。

 「中途半端な性能・機能のせいで、やろうと思ったことができなかったり、途中でトラブルが起きたりしたら『しょせん、子ども用のまがい物』しか使わせてもらえないと落胆するでしょう」。そう話す豊福さんが例に挙げるのは、折り畳み式ナイフの定番・肥後守(ひごのかみ)だ。

 「肥後守はモノを削ったり作ったりする時には便利な道具ですが、ホンモノの刃物でもある。ケガだけはするなと、小学生のときに親に渡されました。もしも渡されたのが肥後守でなかったら、刃物を扱う自覚もないまま、中途半端な道具が作れるものの限界を決めてしまう事にも気付くことがなかったでしょう」

 パソコンでも話は同じ。子ども用でも大人が仕事で使うスペックを意識したい。Dynabookの『dynabook V8』はパソコンとして十分な性能を備えている。CPUはインテル® Core™ i7-8550U プロセッサー 1.80GHzで、SSDは512GB、メモリは8GBだ。付属するMS-Officeでのファイル作成やWeb閲覧はもちろん、360度動画の編集やストリーミング再生にも十分に対応する。

 豊福さんは、実際、学生たちに接するときに不十分な道具によって行動の限界を決めてしまう様子を目撃してきたという。

 「講義中、キーボードでメモを取る学生もいれば、ペン入力でメモを取る学生もいます。ただ、いったん使いにくいと判断すると、使わなくなってしまいます。両方を使い分けている学生は、その時々の用途や気分で決めているようですが、いずれにせよ、入力方法に複数の選択肢があって使い分けできるのは、普段使いの道具として積極的な意義があります」

 『dynabook V8』は、ノートパソコンとしてもタブレットとしても使える2in1コンバーチブル。早速タブレットスタイルにし、ペンの書き心地をチェックすると「追随性が低かったり書き心地が悪かったりするとダメですが、これは紙のノートに書いているような感覚で書けるので良いですね」と豊福さんはコメントする。

 さらには、付属のオリジナルアプリ『TruNote』を使うと、ペンでメモを取ったり、簡単な操作で必要な部分だけを切り出して他のファイルに貼り付けたり、後から部分的に色を変えたりと、いろいろな編集ができる。

 「先ほども少しお話ししましたが、パソコンは、いろいろなものを寄せ集めて新しく何かを作るのに向いている道具です。文書はワープロソフトで作るけれど、貼り込む概念図は他のソフトで作りたい、といったケースはよくあります。簡単に切り替えや連携ができるようになっているのはとても便利ですね」

いつでもどこでも使えるパソコンが子どもに自信をつける

 「いま霞ヶ関や永田町の界隈では、学校で子どもが普段から文房具のように扱える1人1台のパソコン整備が検討されていますが、仮に、家庭から学校へ毎日パソコンを持って行くとすれば、様々な条件があることに気付きます」

 子どもが使うとなると、雑に扱ってすぐに壊れてしまわないよう堅牢性が気になるが、『dynabook V8』は米国防総省が制定したMIL規格(MIL-STD-810G)に準拠したテストをクリア。さらには12.5型液晶を搭載し、約1059gという軽さも持ち合わせている。

 「見た目のスマートさは魅力的ですね。しかも、壊れにくい。格好が良くて、しかも、落としても簡単には壊れないというのは、とても大きなメリットです。それに、このサイズは、教科書などと一緒に学校の机の上に置くのにちょうどいいと思います。これよりも一回り大きかったら、取り回しが面倒になってしまう。ランドセルに入れることなどを考えれば、丈夫なうえに軽いというのはポイントが高いですね」

 また、『dynabook V8』のバッテリー駆動時間は約14.5時間。万一、充電を忘れていても30分間の高速充電で約5.5時間のバッテリー駆動が可能になる「お急ぎ30分チャージ」機能を搭載している。

 「家で充電して学校へ持って行って、帰宅するまで持ちますね。10時間以上使えるのは大きなポイントです。もし充電ができていなくとも、標準的なUSB-TypeCの充電ポートを採用しているので、いざというときは、友達から充電器を借りられるのもいいですね」と豊福さんは話す。

 他にも、豊福さんは、Windows Helloに対応した赤外線顔認証機能を搭載していることにも注目する。「まだキーボード入力のできない小学校低学年のお子さんでも、自分の環境が呼び出せますね。実際に、低学年の子には顔認証がいいという自治体さんの声も聞いています。家庭内でも、最初は親御さんと同じIDを使うでしょうが、顔認証を使って常に自分のIDでログインすれば、そこに自分の作ったファイルをクラウドに保存し、学びの軌跡を蓄積していく環境が整います」

 豊福さんは、子どもにパソコンを与えることは自分自身が学びのオーナー(主体)になるスタートだと強調する。「道具を与えて終わりではないんです。学校ではまだ十分に教わることのできない『パソコンならではの使い方や役立て方』を親子で一緒に考え、お子さんの将来にどのようにつながるかイメージを共有すること。また、自在に試行錯誤できる道具を扱うことで『自分でもできるんだ』という自己肯定感と共に、物事に取り組む意欲(モチベーション)などを、お子さんに身に付けさせてあげてほしいですね」

可能性を広げる2in1の堅牢パソコン
 『dynabook V8』はタブレットとしても使える2in1コンバーチブルの、インテル® Core™ i7-8550U プロセッサー 1.80GHzを搭載したノートパソコン。約1kgと軽量で、厳しい落下試験もクリアした持ち運びに適した1台だ。ペン入力は自然な書き心地で、手書きノートアプリ『TruNote』でメモを取ればその後の活用範囲も広がる。バッテリー持続時間は約14.5時間で、万一充電を忘れても、30分間の充電で約5.5時間使用可能になる「お急ぎ30分チャージ」に対応。MS-OfficeとWindows Hello対応の赤外線顔認証を標準装備している。

【PR】パソコンは子どもの自己肯定感を高める(画像)

  • 『dynabook V8』の詳細はこちら
  • Dynabook公式サイトはこちら
  • 協力:インテル株式会社