デジタル社会に求められる高セキュリティの本人認証技術。指紋、顔、声紋など本人固有の生体情報を使った認証ならば、本人認証の精度が高いだけではなく、認証にほとんど時間がかからないなど利便性も高い。この生体認証は、事業者とユーザーにどのような利点をもたらすのだろうか。
  • 2019.01.09
【PR】フィンテック時代のインフラ、生体認証のプラットフォーマーへ
世界的規模で物販や金融サービスなどのオンライン化が拡大している。リアル店舗での決済においてもQRコード決済などのキャッシュレス化が活発になってきた。こうした状況下で求められるのが、セキュリティの高い本人認証技術である。三井住友フィナンシャルグループ(以下SMFG)は、NTTデータ、アイルランド発祥で世界的に生体認証サービスを展開するデオン社(Daon)と合弁会社ポラリファイを設立。かつてない生体認証プラットフォームサービスを開始した。

関連特集・連載

Japan Expo、コンテンツ海外展開の今
本田哲也のパーセプションチェンジ
全5回
【PR】パソコンが育む子どもの可能性
街のマーケティング力ランキング
全5回