従来からあるPOSは、購買状況を把握できるが店舗の改善や施策の参考にするには不十分。そこで注目したいのが、店舗を訪れた顧客の行動を把握できる動線データだ。しかも最近ではタグを不要とし、全動線の追跡を可能にするソリューションが登場し、店舗マーケティングを激変させようとしている。
  • 2019.01.15
【PR】タグ不要の動線分析は、店舗マーケティングを劇変させる
小売業界では今、少子高齢化という環境変化に加えて、ネット通販の広がりやリアル店舗との連携、宅配ビジネスの普及などにより競争が激しさを増している。そんな中で企業が生き残るための鍵となるのがデータ活用だ。従来からあるPOSは、購買状況を把握できるが店舗の改善や施策の参考にするには不十分。そこで注目したいのが、店舗に訪れた顧客の行動を把握できる動線データだ。「タグ不要!全動線追跡が実現する次世代店舗マーケティング」と題したセミナーでは、スプリームシステムの漆戸隆氏が、動線データの具体的な活用方法を示した。

関連特集・連載

消費増税、主要小売企業はこう挑む
全5回
本日更新
本田哲也のパーセプションチェンジ
全5回
本日更新
Japan Expo、コンテンツ海外展開の今
【PR】パソコンが育む子どもの可能性