小売業界では今、少子高齢化という環境変化に加えて、ネット通販の広がりやリアル店舗との連携、宅配ビジネスの普及などにより競争が激しさを増している。そんな中で企業が生き残るための鍵となるのがデータ活用だ。従来からあるPOSは、購買状況を把握できるが店舗の改善や施策の参考にするには不十分。そこで注目したいのが、店舗に訪れた顧客の行動を把握できる動線データだ。「タグ不要!全動線追跡が実現する次世代店舗マーケティング」と題したセミナーでは、スプリームシステムの漆戸隆氏が、動線データの具体的な活用方法を示した。

協力/スプリームシステム

【PR】タグ不要の動線分析は、店舗マーケティングを劇変させる(画像)

店舗でもウェブのようにデータ活用

 リアル店舗を営む小売業者にとって、ネット通販は手強いライバルであると同時に、自ら使えば強力な武器になり得る。ネット通販の著しい成長はネットそのものの利用者が増えたことも大きいが、それに加えてデータに基づく精度の高いマーケティング施策が可能なことも要因の1つだろう。

 ウェブサイトへのアクセスログデータから顧客の行動を把握し、それを元に課題を見つけ出して改善策を施す。顧客一人ひとりのニーズに応える売り場を作り上げることができるのだ。これにデータに基づく的確なレコメンドを加えると、さらなる売上が期待できる。

 それに対して、リアル店舗はどうだろうか。POSデータから購買状況は分かるものの、店舗内における来店客の行動すべてを把握することはできない。来店客の行動を想像しながら売り場を設計するというのが現実だろう。スプリームシステムの「Moptar(モプター)」は、そのような来店客の行動すべてを可視化して効果的な施策につなげるための動線分析ソリューションだ。

 漆戸氏は、「これまで取得が難しかった店舗内での来店客の動線や行動データを可視化できます。それを元に店舗レイアウトを改善することで、ついで買い、レジ待ち解消、スタッフの配置や接客の効率化などが可能になります」とその有用性を説明する。

スプリームシステムの漆戸隆氏は、リアル店舗でもこれまで取得が難しかった来店客の動線や行動データを可視化することで多くのメリットが得られると説明した
スプリームシステムの漆戸隆氏は、リアル店舗でもこれまで取得が難しかった来店客の動線や行動データを可視化することで多くのメリットが得られると説明した

赤外光センサーで高い追跡精度を実現

 店舗における動線追跡は決して新しいものではない。ただし、従来製品の多くは大まかな人の流れや人数カウントには使えるが、来店客一人ひとりを把握するには追跡ミスなどの課題があった。来店客に専用のタグを持たせる仕組みもあるが、運用の煩雑さを考えると現実的とはいえない。

 「Moptar」では、赤外光レーザーセンサーを使用することで追跡ミスなどの課題を克服し、精度を大幅に高めた。

 「位置計測誤差は平均数センチ程度。人が重なっても見失うことはほとんどありません。来店客の平均滞在時間が約1時間の店舗において、入店から退店まで80%~95%の来店客を個別に追跡できます」と漆戸氏は精度の高さを強調する。

Moptarの紹介動画(https://www.supreme-system.com/product/moptar/movie.html)
Moptarの紹介動画(https://www.supreme-system.com/product/moptar/movie.html)

店頭施策でPDCAを回す

 入店から退店まで、来店客一人ひとりの行動を高精度で把握できる「Moptar」だが、それはあくまでも手段。本来の目的は来店客のニーズに応える店舗や売り場を作り、売上につなげることだ。そのためには、取得した来店客の動線データをどう活用すれば良いのか。

 「例えば、動線とPOSのデータを組み合わせると、来店客がどのような動線で何を買ったのか把握できます。また、入店から売り場ごとの通行率やレジでの購入率までのデータをあわせると、転換(コンバージョン)状況を数値化できます。つまり、ウェブでは当然のように行われている、課題を可視化し、改善施策を講じ、その結果を検証するというPDCAサイクルがリアル店舗でも可能になります」(漆戸氏)

Moptar活用例:事後動線分析(店内の転換状況の数値化) 動線分析によって転換状況を可視化する
Moptar活用例:事後動線分析(店内の転換状況の数値化) 動線分析によって転換状況を可視化する

One to Oneマーケが可能に

 店舗や通路の状況から店内広告や従業員の接客状況まで、動線データが与えてくれる気づきは無数にある。各売り場の相関関係や集客効果の高いマグネット売り場を把握できれば、ターゲットにすべき客層や店舗全体の改善策が見えてくるし、戦略作りの参考にもなる。だが、スプリームシステムが目指している理想の店舗はさらにその先にある。鍵となるのがリアルタイム行動検知だ。

 「Moptarの動線追跡はリアルタイムに行えます。つまり、その瞬間ごとの来店客や店舗内の状況に基づいて施策を打てるということです。店頭のデジタルサイネージで来店客ごとに最適な内容を表示したり、スマホアプリと連携して商品をおすすめしたり、まさにOne to Oneマーケティングが可能になります」(漆戸氏)

 「Moptar」の本領は、これまで経験と勘で行われていたリアル店舗の運営をデータ主導へと変えることにある。それはデジタルマーケティングの最先端の手法を取り入れることを可能にする。まさに、次世代店舗マーケティングのためのソリューションといえる。

協力/スプリームシステム