実証実験に終わらず、事業の現場で活用できるAI(人工知能)を開発するにはどうすればよいのか。特集「リクルートの『実戦的』AI活用法」のアドバイザリーボード連動企画として、専門家の方々に持論を聞いた。東急ハンズ 執行役員 オムニチャネル推進部長の長谷川秀樹氏は「自分でやると時間のかかるものを一瞬にしてできるもの。これに絞って導入を進めるべきだ」があると提言する。

AIは「簡単単純だけど、明確に良くなるよね」というところから(画像)
AIは「簡単単純だけど、明確に良くなるよね」というところから(画像)

東急ハンズ 執行役員 オムニチャネル推進部長
長谷川秀樹氏

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>