メーカーは、いかにブランド力を強化し、商品価値を高め、顧客に選ばれる存在になるかでしのぎを削る。そこで重要かつ最後の「顧客接点」がパッケージデザインだ。ライバル商品の中で、自らの魅力を正しく伝え、顧客が買いたくなるパッケージデザインはどれか、を探った「パッケージデザイン調査2018」を受けて、good design company代表取締役の水野学氏に、今のパッケージデザインに重要なポイントを聞いた。

【デザイン特集連動】good design company水野氏「らしくあれ」(画像)

 特集「パッケージデザイン調査2018 伝わるデザイン、買いたくなるパッケージ」では、消費者、マーケター、デザイナー合計500人を対象に、パッケージデザインに関する調査を実施。緑茶、ストロング系缶チューハイ、低糖質カップ麺、香り系柔軟剤など、注目を集めるジャンルでライバル商品を取り上げ、自らの魅力を正しく伝え、顧客が買いたくなるパッケージデザインはどれか、を探った。

 本特集では、マーケティング戦略において欠かせないピースであるパッケージデザインの重要性が浮かび上がった。優れたデザインを生み出すための考え方などについて、日経クロストレンドの“ご意見番”である「アドバイザリーボード」でコメントを集めた。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>