本講座は申込み受付を終了しました。

 多くの企業は、人工知能(AI)活用を実践する上で、1つの大きな課題に直面しています。

 「社外のデータ分析やAIの専門家を活用しよう」。しかし、協力先を確保したがなかなか業務が進まない――ということです。その一因が、自社のビジネス課題をデータ分析の課題に落とし込み、プロジェクトをマネジメントできる人材がいないことです。この橋渡し人材が、世の中で圧倒的に不足しているのです。

 そこで日経クロストレンドは、企業で新規事業の開発や、マーケティングなど既存業務の改革を進める次世代リーダー層へ向けて、AIの中で最も活用が広がる機械学習の基礎的手法からビジネスへのアウトプットまでを理解する実践講座を企画しました。機械学習を理解する上で欠かせない土台となる理論を学び、自ら手を動かして、機械学習のモデル構築、モデル検証までできるようになります。

 開催日は2018年10月10日、18日、24日、31日の4日間(各日13:00~17:00)。講師は日本マイクロソフト・Preferred Networks両社公認のデータサイエンス人材養成トレーナーでもある、キカガク代表取締役社長の吉崎亮介氏。ゲストスピーカーは、リクルートテクノロジーズ ITエンジニアリング本部データテクノロジーラボ部シニアマネジャーの石川信行氏、SOMPOホールディングス チーフ・データサイエンティストの中林紀彦氏です。

画像をクリックすると詳細ページに遷移します
画像をクリックすると詳細ページに遷移します