日経クロストレンドは2018年11月28日、「実践!『サブスクリプション事業』構築講座」を開催します。サブスク人気の背景にある潮流は? どんな業態に向くのか? 企画検討時の論点は何か? 疑問を解決し実践への第一歩を踏み出す講座となります。

 月額定額で使い放題──。通話料やデジタルコンテンツなどで設定されていたサブスクリプション型のサービスが今、モノ(有形商品)の領域で急速に拡大しています。通販事業者などが展開してきた頒布会モデルや消耗品の定期購入を“サブスク1.0”とするなら、メーカーの参入、売り切りではなくシェア型、個別にカスタマイズして提供という特徴を持つ昨今の新サービスは、“サブスク2.0”と言えるでしょう。

D4DR 代表取締役の藤元健太郎氏
D4DR 代表取締役の藤元健太郎氏

 今なぜサブスクが注目されるのか。「技術の進化と商慣習の変化からメーカーと消費者が直接つながれる環境が広まった」と指摘するのが、インターネットビジネス黎明期から企業のデジタル変革を支援してきたD4DR代表取締役の藤元健太郎氏です。

 スマートフォンの普及で消費者と企業が直接つながり、ECの浸透でメーカー直販への抵抗感が薄れてきた。そんな今、企業は部分最適のデジタル化から、自社ビジネス全体をデジタルで変えていくステージが到来し、その優良な方法論の一つとしてサブスクが注目されているのです。

 今多くの企業がサブスク事業を検討していますが、企画・開発時に検討すべき論点は何かを藤元氏と共に学びます。

【プログラム】(予定)

●講義 90分
○何故今サブスクリプションビジネスが注目されているのか?
・顧客とのダイレクトなコミュニケーション、IoTの進化など現在サブスクリプションビジネスが注目されている理由を分析します。
○現状の事例から見るパターン
・様々なサブスクリプションビジネスの事例を分析することで、ビジネスの目的や狙いなどをパターン別に分析します。
○事業化する上でのポイント
・事業化する上で考えるべきチエックポイントを具体的に整理し、事業化を考える上での使い方を教授します。
○事業化の視点
・事業化を考える上でのビジネスアイデアの方向性を様々な視点から考えます。

●ワークショップ 90分
○サブスクリプション事業アイデア創発
・グループに分かれて具体的な事業アイデアについて議論します。
・事業化におけるポイントと課題を異業種の方々と具体的に議論することで、気づかない視点や問題意識などを共有することができます。

講座の詳細情報