「シリコンバレーD-Lab」は、新規事業をシリコンバレー発で推進させる有志活動。シリコンバレーで今起こっている変化の本質を伝え、急加速するイノベーションの波に乗り遅れたときの危機や、そうならないための対応を広く共有し、次のビジネスに向けた新しい一歩を踏み出すためのきっかけを提供することを目的とする。自動車産業のCASEの潮流を捉えた第1弾レポートは17万ダウンロード超えと好評。メンバーは下田裕和(経済産業省 大臣官房 情報システム室 室長)、森 俊彦(パナソニック モビリティ事業戦略室PL)、木村将之(デロイトトーマツベンチャーサポート シリコンバレー事務所 Managing Director、取締役COO)、出馬弘昭(元東京ガス CVC Business Development Director)、大隅一聡(NEDOシリコンバレー事務所所長)。サポートメンバーは、井上友貴(VISITS Technologies エグゼクティブディレクター)、武尾伸隆(NEDO欧州事務所所長)

●シリコンバレーD-Labリポート
第1弾:モビリティ業界に起こる変革とチャンス
第2弾:大企業における新規事業開発
第3弾:シリコンバレーから見えてきたMaaSの世界
最新版:モビリティ産業にも影響を及ぼす欧米エネルギーデジタル変革