大手Web制作会社にてEC事業部長を担当し、2011年にバニッシュ・スタンダード設立。ECをすべて請け負うフルフィルメント事業に携わる中で、「リアル店舗を元気にするEC」を目指し、実店舗の販売員のオムニチャネル化を進めるサービス「STAFF START(スタッフスタート)」を立ち上げる。

「STAFF START」は現在アパレル業界を中心に展開し、販売員がコーディネート投稿などを通じデジタル上で接客することを可能にすると同時に、デジタル上の売り上げを可視化し、個人や店舗の評価につなげるなど、新しい評価のあり方を提案する次世代オムニチャネルツール。リリース3年で700を超えるブランドに導入され、年間流通額は288億円を達成。今後は販売員の提案、接客がカギとなるあらゆる業界への展開を予定している。