1994年にソニー入社後デジタルカメラ事業やゲーム事業など、多岐に渡る商品を手掛け、特にミラーレス一眼NEXシリーズやPlayStation®4など、新規性の高い商品を立ち上げる。13年に社長直下プロジェクトとして発足したTS事業準備室に社内起業家(イントラプレナー)として参画し、現在は組織を新たにしたTS事業部門の副部門長を務める

これまで一番達成感を得た仕事は?

2010年発売のNEX5というミラーレス一眼カメラ。
それまでになかった”手軽に持ち歩ける一眼”という新コンセプトの下、およそ一眼らしくないデザインと世界最小サイズで発売。好評を博すことができました。
この時のプロジェクトチームは全員のやる気と一体感がすさまじく、チームで勝利するとはこういうものかと肌で感じました。この経験が、その後のキャリアにおいて組織デザインを行う際の土台になっています。

商品・サービス、事業開発で重要だと思うことを3つ挙げてください

① 違和感を残さない(会議など様々なシーンにおける、“ちょっとおかしいな”、と思う違和感に大きなヒントが隠れている事が多いので、それを逃さない)
② 自分が何をしているのか、しようとしているかを認識する(難しい意志決定や実行時、凝り固まったり偏った考えになってないのかを認識する)
③ チームが一つの生き物として動くようになる

これから仕掛けたいことは?

 音楽や本などのコンテンツへのアクセスの仕方や出会い方を変えたいと思っています。現在はレコメンド機能など、ユーザー個人への最適化が主流になっていますが、これとは異なるアプローチを考えて検討しています。

最近気になっている言葉や現象、技術は?

 各界での若い世代の活躍が社会を元気にしていること。

尊敬するマーケター、経営者、研究者…と、その理由は?

 現状に満足せずに挑戦し続けている方は全員尊敬しています。

最近、読んだ本で仕事の参考になったものは?

「ファスト&スロー」(ダニエル・カーネマン著)
 行動経済学の本です。我々の思考・行動がどう決定されているのか、なぜ判断エラーを起こすのかが論じられている。人について考えるヒントになりました。