元YouTube日本代表。グーグル執行役員。07年に、ヤフージャパンからグーグルに転職。YouTubeのグローバルリーダーシップの一員として、日本における戦略、マーケティング、収益化、パートナーシップ、新規案件など、事業戦略の立案と実施の責任者を務める。07年、日経エンタテインメント、時代を動かす100人に選出。作詞作曲家。一橋大学大学院(ICS)修了。17年より、PwC Japanグループ デジタル最高顧問

これまで一番達成感を得た仕事は?

 YouTubeというサービスを、10年かけて、日本に根付かせたこと。それ以外では、Yahoo!とGoogleという2つの会社で、責任者として、音楽著作権管理団体との包括契約の交渉、締結を行ったことが思い出深い。他にも、Yahoo!では、検索結果にタレントの写真を出す交渉を音事協として実現。また、インターネットで無料で歌詞を閲覧できるようにするためのルールをJASRACと作った。いまだに、歌詞がコピペできないのは、私のせいです。すみません(笑)。

商品・サービス、事業開発で重要だと思うことを3つ挙げてください

 元内閣総理大臣の田中角栄氏は、「政治は数なり。数は力なり」と言ったといわれているが、 デジタルネットワークの時代も、「デジタルビジネスは、数なり。数は力なり」ということだと思う。 デジタルネットワーク時代に重要なのは、後にも先にも、この1点のみ。

これから仕掛けたいことは?

 いざという時に、密結合できることが強みである日本人が、現在起きている大きなデジタルネットワークの技術の普及による地盤変化の中、一旦、疎結合化して、未来のビジネスを設計し、再び、より大きな強さを発揮していく動きをサポートしたい。

最近気になっている言葉や現象、技術は?

 新しい技術が、次々と生み出しているグレーゾーンを、法律的に、日本はどのようにマネージしていくべきか?  インターネットの初期に、送信可能化権を設定することで、著作権の保護を重視した日本と、デジタルミレニアム法案で、 保護技術手段の保護と、セーフハーバー条項という守りと攻めを同時に設定した米国との違いが、その後、大きくネットビジネスに影響を与えた。まだまだ、生まれてくる新しい技術に対して、日本は、どう対処すべきか?

尊敬するマーケター、経営者、研究者…と、その理由は?

フランク・ナイト
 今、技術によって、多くのグレーゾーンが生み出されている。グレーゾーンは、違う言葉で言えば、不確実性。この不確実性の中にこそ、利潤があると説いたフランク・ナイトの言葉は重い。シュンペーターのイノベーションという言葉よりも、この「不確実性」という言葉が、あらためて、今の日本には重要だと感じる。

最近、読んだ本で仕事の参考になったものは?

 私は、情報を得るために新しい本も読みますが、ほとんどの読書は、決まった本を繰り返し読むことが多い。最近、また久しぶりに読み返した 塩野七生さんの「ローマ人の物語」カエサル編の2冊は、相変わらず素晴らしかったです。 基本的に、<人生は逆境>である。