1972年 東京生まれ。96年、多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。98年にgood design company 設立。ゼロからのブランドづくりをはじめ、ロゴ制作、商品企画、パッケージデザイン、インテリアデザイン、コンサルティングまでをトータルに手がける。著作に『センスは知識からはじまる』『「売る」から「売れる」へ。水野学のブランディングデザイン講義』ほか

これまで一番達成感を得た仕事は?

 仕事に優劣がなく、関わった全ての仕事に影響を受けています。達成感はクライアントの要求に応えられた時、またはそれ以上の結果を出せたものほど、自己の達成感も強く、充実したと感じる傾向が強いと思います。

商品・サービス、事業開発で重要だと思うことを3つ挙げてください

 3つと限定されてしまうと、ヒト、カネ、モノになりますが、それは当たり前なので、その3つに加える3つを答えます。「大義」「ブランディングデザイン」「完成度」。

これから仕掛けたいことは?

 デザインが大切であることが広く知られるようになっているのに、いまだに需要と供給の折り合いがついていません。まずは自分が精進し、需要に対して、良い供給を行いたいと考えています。

最近気になっている言葉や現象、技術は?

 最近気になっているというより、物心ついた頃からずっと、常に、未来とはなにか?を考えています。「未来ってなに?」「幸せってなに?」「安全ってなに?」「安心ってなに?」……めんどくさい人間ですね(笑)。

尊敬するマーケター、経営者、研究者…と、その理由は?

スティーブ・ジョブズ
 理由は、経営者であり、クリエイティブディレクターだからです。クリエイティブディレクターの定義は、問題の解決をアウトプットの、最後の最後、そして詳細までコントロールする人。