1977年にリクルート入社。20年にわたり編集職に就き、「就職ジャーナル」「とらばーゆ」「ワークス」編集長を歴任。97年にNTTドコモ入社。iモードの事業開発に携わる。2000年に個人事務所を設立して独立。現在は、MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、ロート製薬、セイコーエプソンの社外取締役に就任する。著書に「なぜ仕事するの?」「iモード事件」「iモード以前」「シゴトのココロ」など

これまで一番達成感を得た仕事は?

 iモードの開発。ゼロから立ち上げ、世界に先駆けてモバイルからインターネット接続を実現するまでには、チームビルディング、鍵となる技術の選択、好循環を生む事業戦略など、数々の奇跡が繋がってのメイクドラマがありました。

商品・サービス、事業開発で重要だと思うことを3つ挙げてください

① 多様な人材
② 多様なスキル
③ 事業トップの決断力

これから仕掛けたいことは?

 ダイバーシティの実現と、相談する文化の醸成。

最近気になっている言葉や現象、技術は?

 フィンテック。インターネットの登場でメディアの世界が激変したように、これから金融の世界がどう変わるのか。

最近、読んだ本で仕事の参考になったものは?

「江副浩正」(馬場マコト、土屋洋著)
 リクルート事件から30年。カリスマ経営者がいなくなると経営が傾く会社が多いなかで、創業者が失墜してもなお二つの経営危機を乗り越え、情報誌からネットへの構造改革を実現し、人と企業が成長し続ける思想と仕組みがわかる。