労働者の安全と健康を確保し快適な職場環境の形成を促進することを目的として1972年に制定された法律。労働災害を防止するため、危害防止基準を確立するとともに安全管理者・衛生管理者などの設置や、資格の取得や技能講習の実施などの総合的な対策を計画的に推進することを事業者に求めている。