コストを極力圧縮した店舗運営のことで、消費の伸び悩み、低価格志向の高まり、店舗間競争の激化などの環境下でも収益の確保が可能な仕組みづくりである。そのためには、作業の単純化・標準化などによる人時生産性の向上、情報の共有などによる単品管理・カテゴリー管理を通じ、在庫圧縮、流通コスト削減、店舗の建設・維持費の削減などへの積極的な取り組みが必要になる。