作業量を科学的に分析して、その結果として作業量に応じた適正な人時(労働力)で店舗を維持、運営管理していく手法のこと。Labor Scheduling Programの略。人に作業を割り振るのではなく作業に人を割り振るのがポイントである。作業量に応じて過不足なく人員を配置することで、結果として人的効率を高め生産性向上につなげる。ただし、すべての作業が数量化して把握できるわけではないので注意が必要である。また個店対応のオペレーションが困難となり、競合の激しい地区での優位性を保ち難い点がデメリットである。