特別な判断を伴わない定型的に反復継続される業務のこと。中でも人間の判断を伴わない定型業務は急速な技術革新により次第に機械化・自動化されつつある。日々繰り返されるルーチン業務は、慣れによりムダ、ムリ、ムラが発生しやすく、そのため常に効率的な改善を行われなければならない。