企業に対するさまざまなリスクが存在するが、それらが発生・増大しないように予防し、発生した際には被害を最小限に抑え込む取り組みのこと。製造・加工された商品責任に対するリスク、情報の管理に対するリスク、地震・火災・台風などに対するリスク、テロ・戦争・伝染病に対するリスクなど、経営の環境にはさまざまなリスクに満ちている。「転ばぬ先の杖」で日常的に対策を協議し、共有しておくことが大切である。