売上高、または資産(資本)に対する利益の割合。利益金額だけでは営業内容や収益力がわからない場合がある。売上高または資産(資本)に対するそれぞれの利益の割合を見ることで、企業の収益力を判断することができる。