商品を棚板に横に並べて水平に配列する方法のこと。多アイテムの陳列が可能で、サイズ別陳列や関連商材の組み合わせもしやすいというメリットがある。ただし、効率は縦陳列に比べて低いとされているために、飲料などのわかりやすいカテゴリーのゾーン展開や小型店に適している。1つのアイテムまたは1つの品種を縦に陳列することを縦陳列という。目線の水平移動に対して直角に陳列ラインを当てることで注目度を高め、商品を見つけやすいという効果がある。買い忘れ防止、衝動買い、ストック買いの効果も高い陳列法である。