農業形態の1つで、有機農法やオーガニック農法とも呼ばれる。無機質な化学肥料の使用を最小化し、伝統的な有機物質を多く含んだ肥料を中心に農業を行うこと。「有機農業の推進に関する法律」(2006年)によれば「農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した農業生産の方法」である。農薬と化学肥料を使用していた農地では、3年以上それらを使用しないことによって有機栽培と称することができる。