一定数のエンドユーザーとアドバイス契約を締結し、完全な顧客目線でのニーズを直接店舗運営に反映しようとすること。通常は店舗運営上エンドユーザーの意見・要望などを直接ヒアリングする機会は少なく、直接的な苦情のほかはPOSデータなどの数値からニーズを推測したり、他店舗との比較などによって発見する方法が主軸となるが、完全な顧客目線でのニーズを把握するのは困難な場合がある。モニター(モニター制度)はこれらの欠点を補完する目的で導入される。