ユニバーサルデザイン定義に基づいた「人・街にやさしい視覚情報」のこと。視覚情報には、官公庁・病院などでの災害情報や食品・薬品の安全情報など生命に関わる重要なものもあり、これらを最適化することが使命である。すべての人々に配慮した社会を形勢することは高度な福祉社会に欠かせないものである。