店舗を持たずに商品やサービスを販売する方法のことで、行商や移動販売は古典的な形態であるが、近年では訪問販売、通信販売、ネット販売などが代表的である。この販売する方法には顧客の行動範囲に拘束されないため、商圏を広く設定できる利点がある。就業主婦の増加、高齢化社会などは、無店舗販売業界を成長させてきた要因である。法律では、クーリングオフは訪問販売には認められているが、通信販売やネット販売には認められていない。ただし、販売業者の独自の対応として認められる場合もある。