法的に明確な定義は存在しないが、一般には連鎖販売取引あるいはそれに類似した販売形態のことを指す。商品を販売しながら会員を勧誘すると報酬が得られ、さらに消費者を販売員にすることで会員を増やしながら商品を販売していく商法である。直ちにすべてが違法とされてはいないが、国民生活センターなどは悪質商法として注意を喚起しており、「特定商取引法」(2000年)の規制対象となっている。