巨大な大衆市場のこと。大衆消費者向けの大量販売が可能な市場のことを指す。高度成長期には同質的なマスマーケットが存在したが、経済の成熟化に伴う需要の個性化や人口そのものの減少によってマスマーケットの規模は以前よりも小さくなりつつある。