商品やサービスを生産者から消費者へ円滑に移転するためのビジネス活動を指す。20世紀初頭にアメリカで生まれ、戦後、消費者志向の考え方を強調するようになった。日本には1955年に日本生産性本部のアメリカ視察団が最新の消費者志向の考え方とともに持ち帰ったのが始まりとされる。単なる販売や手法・技法ではなく、企業を挙げて顧客目線に立ってビジネスを再構築しようとする経営哲学を含む。