ホワイトカラーと呼ばれる主に事務作業に携わる労働者に対して、原則1日8時間などの労働時間規制などを適用除外する制度のこと。一般的には労働時間で成果を測ることが困難な企画業務などの高収入の専門職において、自己責任で労働時間を調整し効率的に仕事をこなしてもらうことを目的としている。