契約を守ることを担保するために支払う金のことで、賃借人が賃料を滞納したときに、滞納分を負担させるためのもの。商業ビルなどにテナントとして入店する際の賃貸契約では、家賃以外に「保証金」を支払うことになる。ビルオーナーやデベロッパーの破たんによる不返還問題もあり、この制度に対するさまざまな議論もある。