売場の商品が欠品を起こさないよう開店前・開店後(企業によっては閉店後)に商品を売場に並べること。単にその商品を並べるだけでなく、同時に当該カテゴリーのチェックを行うことが重要となる。例としては、①欠品のチェック、②賞味期限・消費期限のチェック、③前出し・手直し、④POPのチェックなどが挙げられる。