顧客が買った商品を店に返すことと、小売店が仕入れた商品をメーカーや問屋に返すことの2つの意味がある。顧客の返品については、返品期限付きで、かつレシート持参という条件で受ける店が多い。最近では、顧客の信頼を得るためのサービスの一環から無条件で受ける企業も増えている。小売店がメーカーなどに返品を要求する場合は、明らかな理由がない限り仕入先の信頼を失うことになり、正当な理由のない返品は不公正な取引方法とみなされる。