販売量または生産量に比例して増減する原価要素のこと。その内容は、原材料費、包装資材費、水道光熱費、営業消耗品費、販売促進費、パートタイマーの労務費などがある。売上高に対する変動費の比率を売上高変動費比率といい、売上高から変動費を差し引いたものを貢献利益(限界利益)という。